投稿者「ef」のアーカイブ

日本人の投資割合は何パーセント?アメリカは?

日本人はリスク資産に投資することを嫌い、安全資産を保有することを好む傾向にあると言われます。一方で、アメリカ人は投資が好きだとか、アメリカは投資大国だとか聞いたこともありますよね。実際のところ、投資をしている日本人、アメリカ人は何パーセントぐらいいるのでしょうか。

本日は、日本証券業協会による平成27年度 証券投資に関する全国調査や、日本証券経済研究所による米国の個人株主実態調査などのレポートをもとに、日本人、そしてアメリカ人の投資割合について見ていきましょう。

日本人の預貯金の保有割合は90%越え

%e9%a0%90%e8%b2%af%e9%87%91%e3%81%ae%e4%bf%9d%e6%9c%89%e7%8e%87

まず最初に、安全資産である日本人の預貯金の保有率を見てみましょう。

日本人は預貯金好きと言われますが、それを裏付けるように、実に90%以上が預貯金を保有しています。

リスク資産の保有割合は20%未満

%e6%9c%89%e4%be%a1%e8%a8%bc%e5%88%b8%e3%81%ae%e4%bf%9d%e6%9c%89%e7%8e%87

一方、リスク資産である有価証券(株式・投資信託・公社債)の保有割合は、僅か18.2%に止まっています。

これらの結果から、預貯金という安全資産に偏重し、有価証券などのリスク資産の保有が少ない、日本人の資産運用の姿が見えてきます。

年収が高くなるほど、リスク資産の必要性を感じる

これらのデータから、日本人は安全資産の保有を好み、リスク資産の保有を避ける傾向が読み取れます。しかし、年収別に証券投資の必要性について尋ねた場合、年収が高いほど証券投資、つまりリスク資産の必要性を認識しています。

%e8%a8%bc%e5%88%b8%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%ae%e5%bf%85%e8%a6%81%e6%80%a7%e3%82%92%e6%84%9f%e3%81%98%e3%82%8b%e3%81%8b

年収200万円から300万円の人は26%しか証券投資の必要性を感じていないのに対し、年収が1,000万円を超える人は、53.5%の人が証券投資の必要性を感じています。

おそらく、年収が高い人ほど資産が豊富にあるため、資産運用について勉強する機会が多く、リスク資産の重要性を認識しているのではないかと思います。高年収の人ほど、リスク資産を重要視しているという事実は注目に値しますね。

アメリカの投資割合は何パーセントなの?

以上より、日本人は投資割合が非常に低いことがわかりました。それでは、投資大国なんて言われることもあるアメリカでは、何%ぐらいの人が投資をしているのでしょうか。

上図は、少し古いですが、アメリカの2005年の株式(または株式投信)を保有している世帯の割合です。投資割合が20%未満の日本と比べ、圧倒的に投資割合が高いのがわかります。

まとめ

世間一般のイメージ通り、日本人は預貯金を保有している人は多いものの、株や投資信託といったリスク資産に投資している人はまだまだ少ないようです。

一方、アメリカ人は半数以上が投資を行っています。

私は、正しい方法で投資を行えば、リスクをコントロールしながら、より豊かになれると信じています。日本でも、これから若い世代を中心に、投資を行う人が増えてくると嬉しいですね。

 

TOEICの必要点数は何点?対象別に目標スコアを徹底解説!

就職や転職、昇進の為にTOEICを受験しようと考えている方もいらっしゃると思います。私も「英語が出来るようになりたい」という憧れがあり、どうせ社会人として英語を勉強するのであれば、TOEICも受検してみたいと考えている一人です。

しかし、ここでふと1つの疑問が浮かびます。通常の資格は合格・不合格がありますが、TOEICには合格・不合格がありません。自分が何点取れたのかという結果が通知されるだけです。それでは、TOEICはいったい何点取れば良いのでしょうか。

その答えは、あなたが新入社員なのか、転職を目指すのかなどによって変わってきます。そこで、今回は対象別に目標とすべきTOEICのスコアを調べてみました!
(参考:「上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書 / 国際ビジネスコミュニケーション協会)

そもそも、英語力って必要なの?

さて、TOEICの目標スコアのお話しをする前に、そもそも社会で英語って必要とされているのでしょうか。

この点については、75%の企業が業務で英語を使用していると回答しています。企業によっては英語を全く使用しないところもあるようですが、今や4分の3の企業が英語を使用する業務があるようです。

もちろん、その企業もすべての社員が英語を使用して仕事をしているわけではないでしょうが、英語が出来ると役立つことがある、可能性が広がるというのは間違いなさそうです。

英語を勉強する価値があることがわかったところで、いよいよ対象別のTOEIC目標スコアを発表していきます。

大学生は565点!

就職活動に向けて、初めてTOEICの勉強をする大学生は、まずは565点の取得を目指しましょう。なぜなら、企業が新入社員に期待するTOEICスコアの平均が565点だからです。

しかし、これはあくまで平均です。例えば、日産自動車なんかは就活生に730点以上のスコアを期待すると公言していますので、目指す企業によって取るべきスコアは変わってくるでしょう。

もちろん点数が高ければ高いほど良いに決まっているのですが、TOEICに初めて挑戦する方にとっては、ちょうど良い目標なのではないかと思います。

ちなみに、TOEIC565点は、TOEICの評価(ガイドライン)のCレベルに位置し、日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができるとされています。

転職を目指すなら710点!

上場企業に対する2013年調査では、中途採用社員に対して平均710点を期待しているという結果が出ており、中途採用社員として転職を目指すときに、TOEICのスコアを履歴書に書くなら710点を取得しておきたいところです。

TOEIC710点も新入社員の目標スコアと同じく評価(ガイドライン)のCレベルに位置しますが、565点がちょうどCレベルの中間あたりに位置するのに対し、710点はCレベルの最上位に位置します。

国際部門を目指すなら750点!

上場企業に対する2013年調査では、国際部門の業務遂行に対して平均750点を期待しているという結果が出ています。将来、企業の国際部門で働いてみたいと考えている人なら、その足掛かりとしてこのぐらいのスコアは取得しておきたいところです。

ただ、国際部門の業務については900点以上を期待している企業も10%以上あり、英語で仕事をしたいと考えるのであれば、出来る限りスコアを高めておくことが必要になります。

ちなみに、TOEIC750点は、TOEICの評価(ガイドライン)のBレベルに位置し、どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えているとされています。

最終的には860点以上!

TOEICでは、スコア別に5つのレベルに分類されています。その最高レベルとなるのが860点以上のAレベルで、Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができるとされています。

最終的には、Aレベル到達を目指したいですね。

まとめ

以上、対象別にTOEICの目標点数についてまとめてきました。これからTOEICに挑戦される方は、ぜひ参考にしてください。

・英語を使用する業務を持つ企業は75%

・新入社員(就活生)の目標は565点

・中途採用社員の目標は710点

・国際部門希望者の目標は750点

・最終的には860点(Aランク)以上を目指そう!

東芝が倒産する可能性を分析!2016年版

原子力事業の巨額損失により経営危機に陥っている東芝。果たして、東芝が倒産してしまう可能性はあるのでしょうか。

本日は、東芝が倒産する可能性について分析してみたいと思います。

企業が倒産するのはどんな時?

企業はどういう状態に陥った時に倒産してしまうのでしょうか。

その基準について、転職サイトのリクナビNEXTがプロが指南する「経営が危ない会社」の見分け方を公開しています。

上記記事において、株式評論家の和島氏・経営コンサルタントの竹田氏が指摘する上場企業倒産の兆候は次の通りです。

①貸借対照表で借金が多い

負債が多い、つまり自己資本比率が低いと、倒産の危険性が高いとしています。その目安は20%とされています。

②経常利益が3年以上赤字

3年連続赤字を出していると、倒産の危険性が高いとしています。

③営業活動キャッシュフローで赤字が続いている

営業活動によるキャッシュフローが赤字、つまり、事業活動を行うための資金を営業活動によって確保できていない(借り入れや資産売却によって資金を調達している)ということ状態が続いていると、倒産の危険性が高いとしています。

これら3つの観点から、東芝を分析してみたいと思います。

東芝の倒産可能性を分析

それでは、3つのポイントについて東芝の状態を確認してみましょう。

①自己資本比率

まずは、自己資本比率について分析してみます。東芝の2016年3月期決算では、自己資本比率(株主資本比率)が5.8%まで落ち込んでいます。これは基準の20%と比較すると明らかに危険水準です。

なお、同業他社の日立製作所は、同期決算の発表によると自己資本比率が35.6%あります。いかに東芝の自己資本比率が低いかがわかると思います。

②経常利益

次に経常利益について見てみましょう。東芝は2015年までは経常利益の黒字を確保しています。ところが、原子力事業の損失によって2016年3月期決算では6,300億円の赤字に転落しました。

③営業キャッシュフロー

最後に、営業キャッシュフローについて分析してみます。東芝は2015年までは営業キャッシュフローが黒字でしたが、経営が悪化した2016年はやはり営業キャッシュフローも赤字に転落しています。

東芝の倒産可能性を点数化してみる!

以上を踏まえ、東芝の倒産可能性について次のように点数化してみます。

①自己資本比率

20%未満・・・10P
15%未満・・・20P
10%未満・・・30P
5%未満・・・40P

②経常赤字

1年・・・10P
2年・・・20P
3年・・・30P

③営業キャッシュフロー赤字

1年・・・10P
2年・・・20P
3年・・・30P

これに従い、東芝の倒産危険度を点数化すると次のようになります。

■東芝の倒産危険度

①自己資本比率       30P
②経常赤字         10P
③営業キャッシュフロー赤字 10P

合計 50P / 100P

なお、参考に同業他社についても確認してみると、次の通りでした。

日立製作所    0P / 100P
パナソニック   0p / 100P
ソニー    20P / 100P

これら同業他社と比較して、東芝は現状、倒産の危険性が非常に高いと考えます。

間もなく、東芝の2016年度第3四半期の決算短信が発表される予定です。発表され次第、2017年版の分析も記事にしたいと思います。

危機的状況の東芝の経営状態をライバルと比較分析!2016年版

原子力事業の失敗で巨額の損失が発生し、東証1部から東証2部への降格も不可避と報道される東芝。電機メーカーとして抜群の知名度を誇る大企業の東芝の経営状態は、いったいどの程度悪化しているのでしょうか。

今回は、ライバルの電機メーカーたちと比較しながら、東芝の経営がどれだけ危機的な状況にあるのかを検証していきましょう。

東芝について簡単におさらい

分析の前に、東芝とはどういった会社なのかを簡単におさらいしておきましょう。

東芝は冷蔵庫・洗濯機・掃除機などのいわゆる白物家電のパイオニア企業でした。しかし、2015年に粉飾決算が発覚し、現在も原子力事業の赤字に苦しんでいます。

東芝とライバル企業の売上高推移比較

次の図は、東芝とライバル企業の売上高推移の比較です。

電機メーカーで堂々のトップを走っているのは日立です。10年前はパナソニックがソニーを上回っていましたが、現在はソニーが逆転しています。

そして東芝の売上高はその2社の少し下になります。こうして改めてグラフにしてみると、へーそうなんだって感じる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、経営不振に陥り、ホンハイに買収されたシャープは、これらの企業と比べるとかなり売上高の規模が小さい企業です。

次に、過去10年でそれぞれの企業がどれだけ売上高を変化させたのか、2007年の売上高を1とした場合の指数で見てみましょう。

このように、過去10年ですべての企業が売上を減少させています。しかし、その下落幅は企業によって差があり、日立、ソニーは下落を最小限に止めています。

一方、ホンハイに買収されたシャープ、危機に陥っている東芝は、その他の企業に比べやはり売上高の減少が大きいという特徴が見られます。

東芝とライバル企業の営業利益推移

次の図は、東芝とライバル企業の営業利益推移の比較です。

営業利益を比較してみると、各メーカーごとに明暗がはっきり分かれていることが読み取れます。売上高トップの日立がこの10年で営業利益を拡大し続け、盤石の大勢を築いています。パナソニック、ソニーも近年はしっかり営業黒字を確保しています。

一方、シャープは2015年以降赤字に転落。東芝は2016年から営業赤字に転落していますが、その赤字幅が異常な数値に達しています。

次に、過去10年でそれぞれの企業がどれだけ営業利益を変化させたのか、2007年の売上高を1とした場合の指数で見てみましょう。

先ほどの営業利益額と似たようなグラフになりましたが、このグラフにより、各企業の営業利益額の成長が読み取れます。

日立は2007年と比べ、営業利益額が3倍以上に増えました。その安定した営業利益額の推移も特筆すべきものがあります。ソニーも変動は激しいですが、2016年には営業利益額が2倍に増加。パナソニックはほぼ横ばいの営業利益額を確保しています。

しかし、経営危機に陥っているシャープと東芝は、他の優良企業と比べ、営業利益を確保できなくなってきていることがこのグラフからわかります。特に2016年の東芝の赤字額はすさまじく、2007年の営業利益額の実に3倍近くを吹き飛ばしてしまいました。

2017年も危機が続く東芝

2017年3月期の決算も巨額の損失が見込まれている東芝。2016年とあわせて実に1兆円を超える巨額の損失になるでのはないかと言われています。これは、過去10年間のうち好調だった年の6年分の営業利益相当額です。

東証2部への降格も不可避の状況となり、ますます窮地に立たされる東芝。2017年3月期決算が発表されましたら、さらに続報をお伝えしたいと思います。

音読だけでTOEICハイスコアを目指す!

グローバル化が進む現代社会においては、国内で生活する場合でも、英語が重要視される場面が多くなりました。また、海外旅行に行く時なんかも、英語が出来たらすごく楽しいですよね。

しかし、現実は学生以来さっぱり英語を勉強していない、中学英語も忘れてしまった、そんな人も多いのではないでしょうか。

私もそんな一人ですが、昨年海外に行った経験から英語に興味を持ち、今年は英語を身に付けるため、勉強を始めることにしました。

しかし、時間がない

ただ、学生ならいざ知らず、社会人ともなるとなかなか英語の勉強時間が取れません。仕事をしていると残業も休日出勤もありますし、休日もいろいろと忙しいんだ!という方も多いですよね。

そう考えると、例えば総合英語Forest 7th Editionのような英文法書は大変良い本だと思うのですが、こういう本の通読なんていう勉強法を始めてしまうと、絶対に挫折してしまう気がします。

時間のない社会人でも取り組める勉強法はないのでしょうか・・・。

只管朗読

そう思って色々と調べているうちに、只管朗読という方法に出会いました。

只管朗読というのは、ただひたすら音読するという方法です。これは、同時通訳の草分け的存在である國弘正雄氏が提唱した英語の勉強方法です。

國弘氏は中学生の頃、先生から「英語は音読することが大事だよ」と教えてもらい、愚直に学校の教科書を1,000回音読したところ、英語が出来るようになったそうです。

他にも、音読の重要性を説く方はたくさんいらっしゃいます。超名門として知られる灘高校の英語教師である木村氏も、灘高の生徒に音読(しかも最低20回!)を勧めていると自著の中で語っています。

英語音読の効果は様々な場所で語られていますが、目を使い、口を使い、耳を使って繰り返し音読することで、文法や単語が自然と身に付き、英語を英語のまま理解する「英語の回路」が出来上がるとのことです。

音読であれば、出社前の15分とか、寝る前の15分とか、社会人でも日常のスキマ時間を利用して続けられそうです。この方法を知り、これだ!と思いました。

目標としてはTOEIC高得点だが・・・

英語を勉強するのであれば、やっぱり何かしら目標をもってやりたい。そんな時にわかりやすい目標として資格試験があります。

社会人の英語資格試験としてはTOEICがもっともポピュラーだと思いますので、私もTOEICのハイスコアを目指したいのですが、私の場合、基礎がなさ過ぎてTOEIC受検は少々敷居が高いです。

そこで、TOEICを受験する前に、音読をしながら英検を5級から順に解いていって、英検2級(高校卒業程度)レベルを解ける力を身に付けたいと思います。高校卒業レベルまで到達したら、いよいよTOEICに挑戦したいと思います。

音読だけでTOEICハイスコアを取る挑戦記

ここでは、音読だけでTOEICハイスコアに挑戦する記録をつけていこうと思います。

英検5級

2017年2月 毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくるを1ページ30回ずつ音読中

アイキャッチ

富裕層の定義とは?資産3,000万円未満は一般庶民!?

お金持ちになりたい!富裕層になってみたい!誰もが一度はそんな風に憧れることがあると思います。

しかし、そんな憧れのお金持ち・富裕層ですが、具体的な定義とは何でしょうか。本日は、庶民とお金持ちの定義について見ていきましょう。

お金持ちの定義は資産で決まる!

お金持ちや富裕層の定義の一つとして、野村総合研究所の定義があります。それは、資産の多い・少ないで定義する方法です。

%e5%af%8c%e8%a3%95%e5%b1%a4%e3%81%ae%e5%ae%9a%e7%be%a9

このように、保有資産の金額によって、マス層から超富裕層まで5段階に分けられます。

ちなみに、マス(mass)とは大衆・庶民という意味です。つまり、資産が3,000万円に到達していない世帯は庶民というわけです。アッパーマス層とは、「庶民の上の層」という意味ですね。

この5段階の階層と自分の位置を知り、一つ上の階層に上がれるように頑張りましょう。

まとめ

・お金持ちの定義は、保有資産の金額で決まる。

・富裕層は資産1億円以上。庶民は資産3,000万円未満の世帯のことをいう。

・自分の現在位置を知り、一つ上の階層を目指して努力しよう。

【最新版】年代別平均年収を発表!平均年収の正しい見方。

自分と同じ年齢ぐらいの人は、いったいどれくらいお給料を貰っているんだろう?自分の年収は、平均よりも多いの?少ないの?

そんな疑問や興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。本日はそんな方たちの為に、国税庁の最新の民間給与実態統計調査結果(平成26年分)に基づいて、年代別の平均年収をご紹介いたします。

さらに、そのデータの正しい見方も解説していきますよ。それでは早速見ていきましょう!

続きを読む

2017年1月試験 FP3級合格への勉強スケジュールと進捗

FP3級の資格を取得することを決意した私ですが、2017年1月試験での合格を目指しています。そこで、試験を受験するまでの学習スケジュールや進捗、使用する教材などをご紹介したいと思います。

同じく2017年1月試験の合格を目指している方の参考になれば、そして、ライバルとしてご自身の学習進捗と比べてモチベーションを上げていただければ幸いです。

続きを読む

アイキャッチ

安全資産は普通預金と個人向け国債の使い分けがおすすめ

資産運用は安全資産とリスク資産を組み合わせることで行います。それでは、具体的に安全資産・リスク資産として、どのようなものに投資すれば良いのでしょうか。

そんな疑問をお持ちの方のために、今回はおすすめの安全資産についてご紹介したいと思います。

続きを読む

安全資産とリスク資産の特徴を詳しく解説!

ell86_majyonokusuridana_tp_v資産運用は、安全資産とリスク資産を組み合わせることが基本です。この安全資産とリスク資産は、それぞれどのような特徴を持っているのでしょうか。

今回は、安全資産・リスク資産はどういうものかということと、それぞれの違いについて、詳しく解説したいと思います。

続きを読む