スワップポイントがらくるくるに与える影響。

Pocket

お金1月は、初めてトラップの確定益を、スワップによる利益が上回りました。


◆高金利通貨は、やはりスワップポイントの影響が大きい。

高金利通貨でらくるくるを行う場合は、スワップポイントの影響をかなり大きく受けます。ショートトラップの本数を調整しているという理由もありますが、現在、トラップ益、スワップ益の2つの車輪で収益を稼いでいる状態になっています。

◆スワップポイントが少なければ、トラップへの依存度が大きくなる。

現在のトルコリラのポジションでは、スワップポイントが多いために、ショートトラップを調整した戦略がうまく機能しています。しかし、トルコは今後も利下げの方向に動くことはほぼ間違いないですし、別の通貨でらくるくるを行う場合には、低金利通貨を取り扱うかもしれません。

その場合には、ショートトラップを少なくして、スワップポイントを稼ぐ戦略が機能しにくくなります。その場合には、よりトラップによる収益を重視した方が効率的だと考えられます。

◆らくるくるの戦略は、通貨によって変える必要がある?かも。

スワップポイントを重視した高金利通貨用の戦略、トラップ益を重視した低金利通貨用の戦略。通貨によって、この2つの戦略を使い分ける必要があるのではないかと考え始めています。

らくるくる解説では、これまでスワップポイントによる影響について、深く考察してきませんでした。この点については、さらに詳細に考えるべきポイントだと思っています。

もう少し勉強してみます。可能であれば、また記事にいたしますね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)