らくるくるvs日経平均 2015.1 らくるくる 失速・・・!

Pocket

らくるくるは一体どの程度儲かっているのかを検証するために、資産の推移を公開します。参考に、配当込みの日経平均株価(日経平均トータルリターン・インデックス)と比較することにしました。


・どうして相対評価が必要なの?
→ 儲かっていても、負けていることがある。


それでは、今月の結果をご報告します。

 

vs日経平均201501

・2014年10月8日時点の資産価値を100とし、資産価値の増減をグラフにしています。
・らくるくるの資産は、確定益、含み損益、過去の出金の累積額を考慮した時価総額です。
・税金は考慮していません。

----------

◆らくるくる 失速・・・!

日経平均株価が微減に止まったのに対して、らくるくるの評価額は急降下!原因は、投資通貨のトルコリラの下落による含み損の拡大です。

らくるくるは出金を行う上、下落時にも確定益を得る仕組みを持っているため、下落相場に強いと書きました。しかし、実際は必ずしもそうではありませんでした。

確かに出金を行っていますが、まだ運用期間が短く、出金額が十分な大きさになっていません。そのため、出金による下落相場での優位性をまだ十分に引き出せていないものと思われます。

また、そもそもレバレッジをかけているため、レバレッジをかけていない日経平均と比べると、上昇に対しても下落に対しても、評価額の値動きが大きくなるのは当然のことでした。見落としていました。

レンジ相場で上下にうろうろしてくれれば、日経平均は利益を得ることが出来ませんが、らくるくるはトラップによる利益を得ることができます。やはり、トラップトレードが強いのはレンジ相場ですね。

来月以降の巻き返しに期待します。

◆らくるくる 元本出金までの道

らくるくるのとりあえずの目標は、出金額が投資元本を上回ることです。元本を引き出してしまえば、後は最悪ロスカットされたとしても、損をすることはありません。元本出金後であれば、場合によっては、ある程度リスクの高い投資も可能です。

現在の元本に対する出金の割合は、次のようになっています。

出金201501

 

前月から4%増え、9%になりました。このペースが続くとしたら、単純計算で1年11ヶ月後に元本出金完了です。

それでは、次回もお楽しみに。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)