本体ロングを別口座でコストダウン

Pocket

お金先週は大波乱の相場でしたが、今週は比較的落ち着いていますね。1円幅1円利確のトラップもあまり引っかかりませんが、極々僅かのスワップポイントは毎日稼いでいます。

ガンガントラップが成立しているときは気になりませんが、相場が停滞期に入ると気になってくるのが取引手数料やスプレッド、スワップポイントの多寡などのコスト面です。

◆M2Jは便利だけど、やっぱりコストが高すぎる。

自由な値幅でのトラリピ設定など、M2Jは非常に便利にトラップトレードが行えますが、ポンド円で8銭のスプレッドが必要なうえ、取引手数料も別途かかります。トラリピのシステム使用料だと思って納得していますが、それでもちょっと高いです・・・。

◆スワップポイントも結構不利です。

ポンド円(1万通貨)の場合、スワップポイントはこんなに違います。(10月22日)

M2Jの場合

買:  14円
売:-34円

SBI FXトレードの場合

買:  22円
売:-24円

SBIに比べて、M2Jはかなり不利な設定になっていますね。

◆そもそも、本体ロングをM2Jで建てる必要はあまりない。

私の現在のポジション、ポンド円の本体ロング、ショートトラップのポジションで言えば、良く考えてみると、本体ロングをM2Jで建てる必要はあまりありません。

ショートトラップは確かにM2Jが便利で使いやすいのですが、本体ロングは基本的に建てたら全決済まではただホールドするだけなので、M2Jである必要性がないのです。

もちろん、口座を1つにすれば、資金管理や資金移動の面からは楽になります。しかし、本体ロングを別口座で建てるという方法は、コスト面で大きなメリットがありそうです。

現在のポジションの本体ロングは既にM2Jで建ててしまっているため、複利ロングから、別口座(SBI FXトレード)で建ててみようと思っています。






本体ロングを別口座でコストダウン」への3件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    >1円幅、1円利確のトラップレンジ

    ここまで広げるなら、MJ2で取引する意味は全くないのでは?

    30銭ぐらいまでのトラップ幅ならMJ2でないと間に合わないですが
    50銭以上なら、手動で対応できますよ。

    ちなみに私は10銭幅~40銭幅で一円利確ですが
    たまに注文間違いで抜けることはありますが
    自動取引に追いつかないことはないです。

    1円幅、1円利確なら注文間違いも無いでしょう(*^_^*)

    >現在のポジションの本体ロングは既にM2Jで建ててしまっている

    とりあえず、本体ロングと同じポジションをSBIで建て、
    SBIに含み益が出た時点で、MJ2の本体ロングを損切りすれば
    結果的に損切りした後、さらに下でポジションを拾ったことになり
    資金面でもマイナスにはなりません。

    この手法はMJ2のトラップ解消にも、逆に高いポジションで
    売りを建てることによって可能です。

    ただし、ここが肝心なことですが、現実には想定と逆に
    為替レートが進むリスクがありますので、
    必ずしも無条件にお勧め出来る手法ではないですが、
    一応参考までに書かせていただきます。

    返信
    1. ef 投稿作成者

      しらいさま

      コメント、及びアドバイスありがとうございます!

      そうですよね・・・。1円幅1円利確なんて、普通に手動トラリピできる範囲ですよね。(笑)

      もう少し生活が落ち着いたら、挑戦します!

      返信
  2. おぼ

    だめっすよ。それ教えちゃ!!
    1円幅、1円利確のトラップレンジなんてトラップでもなんでもないなんて・・言ってるのと同じですよ

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)