ポンド円が大車輪の活躍!ロスカットラインも安全にしました。

Pocket

ポジション2014.09.19※現在のポジションは上図の通りです。

◆設定直後の極狭トラップはやっぱり破壊力抜群!

上図のようにポンド円のポジションを持ってから10日あまり。5円幅20銭利確という超極狭のトラップを2円弱という非常に狭いレンジに仕掛けましたが、幸いにもこのレンジ内でレートが推移しています。

その結果、毎日ポンド円の約定が大量にログイン画面に並ぶ嬉しい日々が続いています。最近の収益のほとんどはポンド円です。

やっぱり、らくるくるは設定直後の極狭トラップの回転が一番儲かることを実感しました。今後は、いかにトラップレンジを狭く維持するか、いかに出口に早く到達させるか、という観点を重視していくことを考えています。

◆獲得した確定益で、ロスカットラインを着実に安全に。

ドル円のポジションを決済した時の利益、及びポンド円の活躍でかなり確定益が貯まりましたので、ロスカットラインも少し安全にしました。史上最安値、史上最高値から、

9.85%⇒9.84%

の距離に改善しました。

まだまだ確定益は残っていますが、焦って使う必要もないので、キープしています。






ポンド円が大車輪の活躍!ロスカットラインも安全にしました。」への2件のフィードバック

  1. Wan

    いつも拝見しています。
    今回ポンド円を仕掛けらていますが、10月4日時点で下抜けしてますね。
    今後の展開、仕掛けをどのようにされて行きますか?
    参考にさせてもらいたいです。

    狭い範囲での仕掛けには常にこのような状態になりがちですが、
    その対処が自分ではしっくり来るものが思い浮かばないので。

    返信
    1. ef 投稿作成者

      Wanさん

      コメントありがとうございます。お返事遅くなってすみません。

      下抜けした場合、ショートトラップは全部決済されてノーポジになっていますから、トラップの注文を取り消して、改めて、20銭幅、20銭利確などで設定しなおし、現在のレートをトラップのレンジの中に入れるようにします。

      詳細なメカニズムは、上部メニューの「らくるくる解説」をご覧ください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)