取引コストの小さい通貨を選ぼう。

Pocket

通貨選択の最後のポイントは、取引コストの小さい通貨を選ぶことです。取引コスト、つまりスプレッドは、トラップ部分のパフォーマンスに直接影響します。

◆スプレッドはトラップのリピート回数に直接影響する。

スプレッド

 

上の図をご覧ください。FX会社では、上図のような形でレートが提示されていますよね。この買いと売りの価格の差がスプレッドで、FX会社の収益の一つになっています。マネースクエアジャパンのスプレッドは、ドル円が4銭、ポンド円が8銭に設定されています。

ドル円の場合、100.04円で買い、即座に決済したとすると、100.00円で売ることになりますから、4銭損します。

さて、この時、20銭利確のトラップトレードを成功させるためにはどうすれば良いでしょうか。ドル円の例で考えてみると、100.04円で購入し、20銭上昇すれば成功でしょうか。

違いますよね。スプレッドが4銭ありますので、20銭上昇した場合の売りのレートは、100.20円です。100.04円で購入していますから、これでは16銭しか値幅が取れていません。さらに4銭値上がりしないと、20銭利確のトラップトレードは成功しないのです。

つまり、20銭利確のトラップトレードを成功させる条件は、次のようになります。

スプレッドが4銭(ドル) ・・・24銭の上昇が必要
スプレッドが8銭(ポンド)・・・28銭の上昇が必要

このように、同じ設定をしたとしても、スプレッドによって利益確定に必要な値幅が変わってきます。そのため、通貨選択の際にはスプレッドの大きさも考慮に入れる必要があるのです。

らくるくる解説目次に戻る。






取引コストの小さい通貨を選ぼう。」への2件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    スプレッド広いですね(@_@;)

    私のメインのマネパでは米ドル0.3銭、ポンド1.2銭。
    サブのヒロセでは米ドル0.5銭?ポンド1.4銭です。

    20銭の利益を上げるのに28銭の上昇が必要だとすると、利益の40%の手数料を取られますね。
    5銭幅20銭利益確定を手動で行うことはほとんど無理なので、システム使用料と考えられなくもないですが
    10万円儲けるのに4万円も取られると、考えものですね。

    私は基本的に1円以上の利益確定ですので、10万円儲けても手数料は1400円以下です。

    まあ、単純に手数料が安ければ勝てるという訳ではないですが、かなり大きいビハインドではないですか?

    返信
    1. ef 投稿作成者

      しらいさま

      そうなんです。すっごい不利なんです。(ーー;)

      他社も特許を侵害しない範囲で類似のサービスを提供していますが、M2Jの使いやすさに到達する業者はまだ登場せずといった状況です。故に、M2Jも無理して手数料引き下げに踏み切る必要もないのかもしれません。

      せめて、高い手数料に見合ったサービスは、どんどん提供していってほしいと願っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)