スワップポイントって、FX会社でこんなに変わるのね。

Pocket

納得少しずつ相場が動き出した感はありますが、実際のところ、そんなにトラップによる確定益が出るようになったわけではありません。

こうなると、気になるのがマイナススワップ。1日数百円ではありますが、日に日に証拠金が食い潰されていく感覚は、あまり気分の良いものではありません。


◆マイナススワップ対策 ~複利ロング~

そこで私は、マイナススワップ対策の一環もかねて、確定益を使ってプラスのスワップがもらえる複利ロングポジションを建てています。

複利ロング1本に対して、ショートトラップ1本を追加することも出来るのですが、マイナススワップを減らしたいという思惑があり、現在は相場も小動きなので、複利ロングのポジションのみを建てています。

◆スワップポイントって、FX会社によって全然違う!

現在、マネースクエアジャパンの口座のみで運用していますが、もう一つ、私が口座開設しているSBI証券のSBI FXαのスワップポイントを見てみると、マネースクエアジャパンと大きく異なることがわかりました。

M2J買 SBI FXα買 M2J売 SBI FXα売
米ドル円 0円 2円 -20円 -5円
ユーロ円 0円 -5円 -20円 0円
豪ドル円 47円 63円 -67円 -70円
NZドル円 67円 82円 -87円 -90円
カナダドル円 17円 23円 -37円 -30円
ポンド円 12円 16円 -32円 -24円
南アランド円 6円 14円 -16円 -17円

(2014.8.1現在)

ご覧のように、びっくりするほど違います。特に南アフリカランド円の買いなんて、2倍以上の差がついています。

そもそも、複利ロングについては、M2Jでポジションを建てることにこだわる必要性はあまりありません。現在米ドル円と南アフリカランド円の複利ロングを建てていますが、この複利ロングをSBI FXαで建てるだけで、大幅にマイナススワップが緩和されるのではないでしょうか。

こんなこと、皆さんにとっては当たり前かもしれませんが、まだまだFX初心者の私にとっては初めて気づくことが多いです。やはり、実際に困った状況に陥ることで、わかることも多いですね。

M2JとSBI FXαの2つの口座の使い分け。実際に試してみようと思います。






スワップポイントって、FX会社でこんなに変わるのね。」への4件のフィードバック

  1. おぼ

    4通貨分散も痛い目見て気が付くのでしょうか・・
    せっかく教えてあげてるのに残念ですね

    返信
    1. ef

      おぼさま

      何度も言うようですが、まずはこちらについてのご見解を頂けませんか?
      勝手に消すのも本意ではないので、非承認にさせていただいたコメントをずっと保管していますが、いつまでも保管するのも負担です。

      返信
  2. しらいゆうき

    >スワップポイントって、FX会社によって全然違う

    確かに違いますね。(*^_^*)

    もっと違うのがスプレッドです。

    スプレッドで1銭違うと、一万通貨なら100円

    スプレッド5銭、スワップ80円
    スプレッド1銭、スワップ50円

    の二社があった場合、長期保有なら前者が有利ですが、
    2週間ぐらいまでなら、後者が有利です。

    さらに、各会社で提示レートが違うのですが、
    それは実際に取引しないと判らないですね(*^_^*)

    結局、使いやすいFX会社で取引するのに尽きます。

    勝てる人は、有利不利に関わらず、
    どこでも勝てるでしょう。

    返信
    1. ef

      しらいさま

      そうなんですよね~。
      M2Jは、スプレッドもと~っても広いので、ちょっとなぁと思っています。

      トラリピの特許をM2Jが取得していることにより、他社の参入が進んでいませんが、最近「ループイフダン」にも興味を持っています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)