投資との出会い

Pocket

一冊の本まずは、私が投資を始めることになったそもそものきっかけからご紹介いたします。

時は大学4回生の夏。就職が決まった私は、就職したら給料を元手に、投資で一儲けしたいと企みました。投資で一儲けといえばやっぱり株だな!という貧弱な発想で、まずは株の勉強をすることにしました。

 

私は早速大学の図書館に行き、投資雑誌や株式投資関連書籍を読み漁りました。私は当時法学部の学生でしたが、法学部のゼミ論文よりも、投資の研究の方がよっぽど熱が入っているような有様でした。(ゼミ論文も卒業までにはきちんと完成させ、優秀論文に選んで頂きました。)

株式投資指南書で勉強した私は、PERやPBRなどを見ながら、割安株を探す手法に凝っていました。家ではバーチャルトレードゲームなどで試してみたりもしていましたが、あまりうまくはいっていませんでした。

そんなある日、いつものように図書館で投資の勉強をしていた私は、自分の運命を変える一冊に出会うことになります。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)