史上最安値でもロスカットされない資金管理の方法

Pocket

お金らくるくるは、全勝無敗を目指す取引手法です。そのため、絶対に強制ロスカットされるわけにはいきません。

100%強制ロスカットされないためには、レバレッジを1倍にするしかありませんが、1ドル1円に備えるのは非現実的ですし、資金効率が悪くなります。そこで、現実的な目安として、史上最安値・史上最高値は簡単には割られないだろうと考え、史上最安値・史上最高値でも強制ロスカットされないように資金管理をするのが基本になります。

それでは、資金管理の方法について具体的に見ていきましょう。

例:資金100万円。現在1ドル100円で、史上最安値75.54円。

この時、史上最安値でもロスカットされないポジションを、何通貨建てることが出来るでしょうか。

この問題は、次のように置き換えるとわかりやすくなります。

史上最安値でもロスカットされないポジションを1,000通貨建てるためには、何円必要か。

それでは、計算してみましょう。

まず、現在の100円から75.54円に下がった時、次の通り損失が発生します。

(100円-75.54円)×1,000通貨=24,460円・・・①

また、FXは証拠金が必要になります。私が使用しているM2Jの場合、レバレッジは25倍なので、ポジション額の4%の証拠金があれば良いということになります。

100円×1,000通貨×4%=4,000円・・・②

よって、①と②をあわせた28,460円があれば、史上最安値でもロスカットされないポジションが、1,000通貨建てられることになります。

さて、資金は100万円あるのですから、

100万円÷28,460円=35(小数点以下切り捨て)

よって、1,000通貨×35=3万5,000通貨建てられることがわかりました!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

1,000通貨建てるために必要な資金の公式をまとめると、次のようになります。

本体ロング
(【現在のレート】-【史上最安値】)×1,000+(【現在のレート】×1,000×4%)

本体ショート
(【史上最高値】-【現在のレート】)×1,000+(【現在のレート】×1,000×4%)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今回は少し難しい内容だったと思いますが、この資金管理が出来ないと、らくるくるは行うことが出来ません。自分の力で計算が出来るように、しっかりマスターしてください。

らくるくる解説目次に戻る






史上最安値でもロスカットされない資金管理の方法」への4件のフィードバック

  1. candy

    はじめまして。candyといいます。

    くるくるワイドの検索で当サイトを発見しまして昨日から拝見させていただいております。

    まだ中身は途中ですが、くるくるワイドに対しての感想は、同様の思いでありまして(裁量部分についていくのが大変)、いかに資金効率をよく、リスクを少なく、シンプルに、ルールを作れないかをもんもんと思考中の身でありました。

    これからも拝見させていただきたいと思いますので、ブログ更新頑張ってください。

    あと、今回の記事で算式が違うのではと思う個所が1点。
    証拠金算出のレートですが、
    【現在のレート】×1000×4%⇒【史上最安値(史上最高値)】×1000×4%
    現行レートでの算式は本体ロング時は若干の資金効率の低下だけですので影響は小さいですが、本体ショート時は史上最高値に到達前にロスカットになってしまいますよ。

    では!

    返信
    1. ef

      candyさま

      コメントありがとうございます。candyさまもシンプルなルールを模索中とのこと、何か一つでも参考になるところがあればうれしいです。

      解説記事はなかなか気合とエネルギーが必要でして、遅筆となっており申し訳ありませんが、気長にお待ちいただけると幸いです。

      さて、証拠金必要額についてコメントありがとうございました。記事を書くにあたって調べた際、私が使用しているマネースクエアジャパンさんのこちらのページにおいて、

      証拠金必要額は注文が成立した時点から決済されるまで変化いたしません。

      ご提示いただきました例では、注文成立後にレートが変化した際も、

      100円 × 1万 × 4% = 4万 のままとなります。

      という齋藤さん(おそらく社員の方)の書き込みがございましたので、【現在のレート】×1000×4%としたのですが、
      私、勘違いしていますでしょうか。もしかして、証券会社によって証拠金の計算方法が違ったりしますか?

      勉強不足で申し訳ありません。もしご存知でしたらご教示いただけると幸いです。

      返信
      1. candy

        FUJIさま

        失礼いたしました。
        マネスクさんの証拠金額はFUJIさんの言われるように購入時のレートみたいですね。
        私が取引している会社の必要証拠金額は、いずれも【前日終値レート×通貨数÷25】だったものですから。
        ロスカットレートは各社で違うのはわかってましたが、必要証拠金額の算定方法はどこも同じと思ってました。
        思い込みはいけませんね。反省です。

        返信
        1. ef

          candyさま

          とんでもございません。私も証券会社ごとに証拠金必要額の計算方法が異なることを初めて知り、勉強になりました。
          ありがとうございました。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)