らくるくるは、損切りをしない手法です。

Pocket

stopらくるくるは、損切りをしない手法です。なぜでしょうか?それは、らくるくるが全勝無敗を目指す取引だからです。

一般的な裁量トレードは、損切り、つまり、「予想が外れたため、負けを認める」ことを前提としています。6勝4敗で良い。もしくは、例え2勝8敗であったとしても、その2勝が大勝で、8敗が小さな負けであり、トータルでプラスであれば良いとする考え方です。

しかし、らくるくるは効率的市場仮説の考えに基づき、相場予想を行いません。上がるか下がるかを一切予想しないのですから、損切りすることは、らくるくるにとって、手数料分損をすること以上の意味を持たないのです。

相場が上がるか下がるかなんてわからない。それならば、どこで損切りすべきかもわかるはずがない。これがらくるくるの考え方です。損切りしないことを前提に、ポジションが塩漬けになったとしてもリカバリーする方法を構築するのです。

ですが、らくるくるも全く予想をしないわけではありません。らくるくるは損切りを行わないため、強制ロスカットされることだけは、絶対に防がなければなりません。絶対にロスカットされないためには、レバレッジ1倍でやるしかありませんが、それではあまりにも資金効率が良くないため、次の1点だけは予想します。

史上最安値・史上最高値は、そう簡単に更新することはないだろう。

この考え方に基づき、史上最安値・史上最高値でも強制ロスカットされない資金管理を行うことが、らくるくるの基本になります。

それでは、史上最安値・史上最高値でも強制ロスカットされないためには、具体的にどのような資金管理をすればよいのでしょうか。次項において詳しく解説します。

らくるくる解説目次に戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)