テクニカル分析は勝てない。

Pocket

テクニカルグラフ2分析は勝てない。そんなレポートがETF.comに掲載されました。

Ferri: Technical Analysis Hurts Returns

このレポートによれば、2000年~2006年のオランダの投資家を調べた結果、32%(5,500人)の投資家がテクニカル分析を使用しており、テクニカル分析を使用する投資家のリターンは、使用しない投資家のポートフォリオより月率0.7% (年率8.4%) アンダーパフォームしていることがわかったそうです。

テクニカル分析を使用する投資家は、そうでない投資家に比べ、短期的なトレンドに基づいて取引する傾向があり、そのポートフォリオは分散されておらず、また取引回数も多いことが指摘されています。これについては、テクニカル分析を使用している人は「確かにそうだな」と思われるのではないでしょうか。

その結果、テクニカル分析を使用する投資家は、そうでない投資家に対して、手数料で0.2%、銘柄選択のまずさで0.5%負けているということです。(月利ベース)

このような傾向は数多く報告されています。「ウォール街のランダムウォーカー」においても、銘柄分析、テクニカル分析のプロであるファンドマネージャーが運用するアクティブファンドの多くが、インデックスのパフォーマンスに敗北しているという結果が示されています。

それでも、あなたは市場平均に勝てますか?

儲かるか儲からないかではありません。重要なのは、市場平均に勝てるか勝てないかです。そして、裁量トレーダーの多くは負けているという事実があります。テクニカル分析では市場平均には絶対勝てない・・・。私はそこまで断言することはしませんが、長期的に、10年スパンで勝ち続けることは非常に難しいと思っています。

もちろん、テクニカル分析を駆使して、長期的に市場平均に勝ち続ける裁量トレーダーも存在するとは思います。しかし、少なくとも、楽して勝てるとか、勉強しなくても勝てるとか、本業の片手間で勝てるなどということは、あり得ないと思っています。






テクニカル分析は勝てない。」への4件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    投資歴三年ですが、株式市場では信用取引をする投資家が消えていくのをたくさん見ました。

    ほとんどの方はデイトレーダーまたは短期スイングで、テクニカルに基づいて取引されていたんでしょう。

    その方たちは少なくとも私より取引センスは上でした。

    返信
    1. ef

      しらいさま

      一時的にであれば、勝てる人ってたくさんいると思います。でも、ずっと勝ち続けられる人って、
      ほとんどいないんですよね。

      返信
    1. ef

      しらいさま

      とんでもございません!
      お気になさらないでください。いつもコメントありがとうございます。m(_ _ )m

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)