アルゼンチンがデフォルト寸前!!

Pocket

ポジション2014.5.20※現在のポジションは上図の通りです。 らくるくる手法解説。

相場も小動き、材料もまるで無いかのようですが、実はこっそりアルゼンチンがデフォルトしそうになっています。

アルゼンチンがデフォルト寸前、30日の利払いを米地裁が阻止(ブルームバーグ)

リンク先のブルームバーグに詳しい内容が記載されているのですが、書いてあることが難しいので、わかりやすくお話ししたいと思います。

そもそも、アルゼンチンって1回デフォルトしてなかったっけ?・・・その通り。アルゼンチンは2001年に国債の返済が出来なくなり、財政破綻しました。物語はそこから始まります。


 

argentina_bアルゼンチン:財政破綻しちゃった~。

お金返せないから、減額した新しい国債に交換して我慢してよ~。

 

模索 悩む パソコン 頭を抱える

ほとんどの債権者:しょうがないな~。

じゃあ、その新債権でいいよ。

 

高層ビルアメリカのヘッジファンド:俺はそんなの認めないぞ!

借りたもんは全額払えや!

 

裁判所

アメリカの裁判所:ファンドの言う通り!減額なんて認めません!

減額した新しい債権を渡した投資家に、支払いするのも違法だからな!やったら差し止めるぞ!

アルゼンチン国旗

アルゼンチン:そんな無茶苦茶な!

アメリカの裁判所はアルゼンチンをデフォルトに陥れようとしている!

利払いの期限:6月30日で大ピンチ←今ここ

 


 

だいたいこんな感じです。対立しているヘッジファンドとの交渉がまとまらなければ、アルゼンチンはまたもやデフォルトしてしまう可能性が出てきました。

しかし、今回は前回のようにアルゼンチンの経済が破綻しているわけではないので、「債務返済能力のないデフォルト」ではなく、「裁判所の決定によるテクニカルデフォルト(技術的なデフォルト)」になるとされています。そのため、デフォルトによる近隣諸国、世界経済への影響は限定的だと考えられています。






アルゼンチンがデフォルト寸前!!」への2件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    どんどんリスクが高まっていますね。

    1、全世界同時株高

    2、ウクライナ危機

    3、イラク危機

    4、アルゼンチンデフォルト

    為替もここ一年以上急落がないので、もうそろそろかと。

    返信
    1. ef

      しらいさま

      私もずっとそろそろかと思っているのですが、なかなか来ないですね。

      ご指摘のリスクの他にもう一つ、最新記事にしたジブリの呪いというのもございます。
      こちらはほとんどオカルトですけど。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)