らくるくるの資金管理 4つの柱

Pocket

stop

第2章では、市場から退場させられないための、らくるくるの様々な資金管理方法について解説していきます。

らくるくるの資金管理は、次の4つを柱としています。今回はそれぞれの概要についてご説明いたします。

 

1.らくるくるは損切りしません。

通常のトラリピでも、基本的に損切りは行いません。らくるくるも、通常のトラリピの考え方を踏襲しています。らくるくるは常にトラップが機能している状態にすることが出来ますから、基本的に塩漬けで身動きが取れないという事態には陥りません。本体が塩漬けになったとしても、トラップが確定益を稼ぎ続けます。

2.史上最安値・史上最高値でもロスカットされない本体の管理が基本です。

これも通常のトラリピと同じ考え方なのですが、損切りをしない以上、絶対に強制ロスカットされるわけにはいきません。そこで、史上最安値・史上最高値でも強制ロスカットを受けないような資金管理をするのが基本になっています。

また、応用形としてリスクを承知で大きな利益を狙いに行く方法、史上最安値・史上最高値よりもさらに安全な資金管理方法も整備しています。

3.本体ロングと本体ショートを組み合わせます。

程度の差はあるものの、円に対して、すべての通貨は円高になる時は一斉に円高になり、円安になる時は一斉に円安になる傾向があります。そこで、資金を2分割し、本体ロングと本体ショートに分散することで、円高の時は本体ショートが利益を出し、円安の時は本体ロングが利益を出すことを狙えます。

結果として、うまく行けばリスクを軽減することができ、一時的に史上最安値・史上最高値を抜ける通貨があっても、強制ロスカットされない可能性が出てきます。

4.資金に余裕があれば、4通貨に分散します。

本体ロングと本体ショートを組み合わせるだけでも十分効果はありますが、資金に余裕があれば、さらに本体ロング、本体ショートを2通貨ずつに分散します。理由は2つあります。

第1の理由は、通貨ごとに史上最安値や史上最高値を記録する時期は異なるためです。

例えばアメリカドル円とユーロ円の本体ロングを持っていた場合、アメリカドル円が史上最安値を更新してしまったとします。この時、アメリカドル円の本体ロングしか持っていなかったらロスカットです。しかし、アメリカドル円とユーロ円に資金を半分ずつ分散していたらどうでしょう。アメリカドル円は史上最安値でも、ユーロ円はまだ史上最安値まで距離があるかもしれません。そうすると、ユーロ円の方はまだ証拠金に余裕がありますから、それがアメリカドル円の含み損をカバーし、ロスカットを避けることが出来るかもしれません。

第2の理由は、特定通貨のボラティリティ低下による収益の減少を防ぐためです。

時として、特定の通貨だけボラティリティが急激に低下することがあります。もし、この通貨に集中投資していたら、トラップによる収益が大幅に減少してしまいますよね。そこで、複数通貨に分散しておくことで、「こっちの通貨がダメでもこっちで稼ぐ」というような状況にして、リスクを減少させることができます。

以上が、らくるくるの資金管理の4つの柱です。次項からは、4つの柱それぞれについて、詳しくお話ししていくことにしましょう。

らくるくる解説目次に戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)