嵐の前の静けさ?記録的低ボラの中で迫るリスクとは!?

Pocket

ポジション2014.5.20※現在のポジションは上図の通りです。 らくるくる手法解説はこちら。

本日も相変わらずの小動きでした。

この膠着した相場展開にフラストレーションを溜めている方も多いと思いますが、むやみにリスクを上げることだけはしないでください。というのも、国際金融アナリスト、吉田恒さんのこんなレポートがあるからです。

皆が長期間に渡る相場の膠着状態にすっかり慣れてしまい、相場の先行き不透明感に対する懸念を示す恐怖指数がすっかり低くなっているそうです。つまり、もう相場はそんなに動くことはない。1ヶ月後も半年後も、多分そんなにレートは変わっていないだろう。こんな心情になっているんですね。

確かに私にも身に覚えが。明日相場が急落するかも・・・っていう恐怖感は、最近すっかり消え失せていますね。どうせ今日も動かないんでしょ?みたいな感覚・・・。

で、相場が動かなくなるとどうなるか。どうせ価格が変わらないのであれば、少しでもたくさん金利を貰える投資先の方が有利だよね!とうことで、みんなが利回りの高い投資対象に走っている。これにIMFなどの関係者が警鐘を鳴らしているということですね。

そういえば、私も相場が動かなくなって、急にスワップ金利を気にし始めました・・・。

相場は動かない。金利がたくさんほしい。こういう人たちがどういう行動に走るか?そう、レバレッジの増大です。みんながリスクに目を瞑り、レバレッジをどんどん増大して過大なリスクを取るようになると、一度相場が動き出せば、大変な危機が起こるのではないか。こう懸念されているのです。

書いてて自分でもちょっと「恐怖指数」が上がってきました。儲からないけど今は我慢。ロスカットラインは絶対引き上げないようにしようっと。






嵐の前の静けさ?記録的低ボラの中で迫るリスクとは!?」への6件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    私の口座の一つがレバ0.6、もう一つが1.0です。
    スワップに振っているわけではないですが、急落したら、もう少しポジションを処分したほうがよかったと思うかもしれないです(*^_^*)

    返信
  2. ef

    しらいさん

    >私の口座の一つがレバ0.6、もう一つが1.0です。

    それ、超、超安全設定ですよ!(笑)

    返信
    1. しらいゆうき

      >>私の口座の一つがレバ0.6、もう一つが1.0です。

      >それ、超、超安全設定ですよ!(笑)

      いえ、そうでもないです。ロングオンリーなので、10円ぐらいならまだ十分ですが、15円以上下落したら結構難しいです。

      今回何らかの原因で急落するとしたら、10円以上落ちる要因はたくさんありそうで
      久しぶりに退場組が出そうです。

      「まず、生き延びろ、儲けるのはそれからだ」

      幸運をお祈りいたします。

      返信
  3. ef

    しらいさま

    レバ0.6倍だったら、絶対強制ロスカットは食らわないはずですけど、
    しらいさんがご自分で15円以上下落したら損切りされるということですか?

    そういえば、しらいさんはトラリピでも損切りは使われるっておっしゃっていましたね。

    私の方は、例えばドル円15円程度の下落であれば、なんとか生き残れる予定です。

    返信
    1. しらいゆうき

      レバ0.6というのは、現在約100万の資金に対し、約60万円分の外貨保有です。
      そのままなら、たとえ1円になってもロスカットはありません。

      しかし、下がったらどんどんナンピンしてポジション持ちますので、15円下がったら
      私の設定では最大16万通貨ぐらいです。

      予想される最大損失は116万、そのままなら強制ロスカットです(*^_^*)

      返信
      1. ef

        しらいさま

        なるほど、0.6倍というのは現在のレバで、そこからナンピンしていくわけですね。

        もし下落が不安であれば、ナンピンする幅を広げるなどの対処も考えられるかもしれません。

        しらいさまは色々と研究されているので、釈迦に説法だと思いますが。(^^)

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)