あなたの手法に根拠はありますか?

Pocket

ポジション2014.5.20※現在のポジションは上図の通りです。

動かない・・・。少しずつ確定益は稼いでいますが、今週は高速複利の週なのに、1本も複利が建ちません。(^^;)

さて、皆さまはそれぞれ独自の手法で取引されていることと思いますが、その手法に根拠はありますか?以前、こんな会話をして愕然としたことがあります。

「○○って、体に良いらしいよ!」
「へ~、なんで?」
理由は知らないけど、テレビで言ってたから間違いないよ!

テレビで言ってたから間違いない・・・。これって、根拠でもなんでもないですよね??

相場の世界だって同じことです。短期移動平均線が長期移動平均線を上抜いたらゴールデンクロスだから買いのサインだ!!・・・これは余りにも有名なテクニカルですが、なぜゴールデンクロスだと買いなのか説明できますか?本にそう書いてあったからですか?

らくるくるは、自分が設定したロスカットラインを割られず、相場が上下し続けてさえいれば、トラップが確定益を生み続けます。その確定益を複利運用することで、さらに利益を増やしていきます。だから負けません。逆に、ロスカットラインを割られたり、相場が動かなくなれば、損失を被ります。

私だって、どうしてゴールデンクロスだと買いなのかは説明できません。ですが、せめて自分の投資手法だけは、どうして儲かるのか、その根拠を明確にしておくべきだと思います。






あなたの手法に根拠はありますか?」への2件のフィードバック

  1. しらいゆうき

    以前、両建てをしているトラップトレーダーの方から、
    私の手法は「危険すぎる」という指摘を受けたことがあります。

    レバレッジが高過ぎるというのがその理由でした。

    その方はかなり理論的に手法を組み立てられており、
    私も何度も勉強させていただいておりましたが、
    残念ながら退場されたようです。

    その方が退場された理由、私が生き残った理由を考えると
    その方は自分の組み立てた理論にこだわっかからではないか
    私は状況に応じて手法を変えてきたからではないかと思います。

    その方の手法では損失が膨らんでも「理論的には大丈夫」なはずでした。
    現在でも多分理論的には大丈夫です。

    ところが、大きい含み損を抱え、解消する見込みが立たない状況が
    続いてやむなく自ら撤退されたのではないかと思います。

    私はトラップトレードを選択していますが
    その時々によって、トレードする通貨、取引単位
    利益確定幅、損切りを変えて負けないスタイルを
    選択しています。

    勝てないと見た手法はすぐに切り捨てて
    新しい手法を試みています。

    こういう考え方はいかがでしょうか。

    返信
    1. ef

      しらいさま

      コメントありがとうございます。
      しらいさまの考え方、大変すばらしいと思います。

      この記事の真意は、自分の手法がどういう条件下で儲かり、どういう条件下で損をするのか、
      その本質を全く理解しないまま、「有名な誰それが言っていたから」「本にそう書いてあったから」
      という理由で取引してしまうことを、自戒の意味も込めて批判したものです。

      しらいさまはその時々の相場に合わせて、ご自分の手法をマイナーチェンジして生き残ってきた
      とのことでした。
      それはつまり、今自分が行っている投資手法の強みと弱みを理解していて、
      相場状況の変化によってその「弱み」の部分が顕在化してきたため、
      手法を少しずつ変化させたということですよね?

      これは、本にそう書いてあったから、などという理由で取引している人には出来ないことです。

      そういった意味で、しらいさまは大変素晴らしいと思います。
      まずは、「自分が今何をしているのか」、その根本を理解し、そのうえであくまでもその手法を変えずに
      こだわり続けるのか、マイナーチェンジをするのかという問題になろうかと思います。

      普通は、こだわり続けるよりも良いと思われるマイナーチェンジを思いつけばそうするでしょうし、
      思いつかなければこだわるしか選択肢がない。というだけの話のような気もしますが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)