[戦略]93.79円を目安に米ドル円を高速複利

Pocket

ポジション2014.5.20※現在のポジションは上図の通りです。

先週は確定益をロスカットラインを安全にするために使うという守りの運用を行ったので、今週は攻めの運用を行います。

先々週は南アフリカランド円を高速複利したので、リスク分散という観点から、今度は米ドル円を高速複利することにしました。

さて、前回の南アフリカランド円の時の目安(ロスカットライン)は、9.00円としました。この時は、「今9.5円ちょっとだから、キリがいい9.00円でいいや。」という適当過ぎる理由で決めましたが、今後自分の手法として皆様にご紹介する場合、流石にもう少し明確な根拠があるべきじゃないか?と考えました。

米ドル円の1995年以降の史上最安値は、75.54円です。本体ロングは絶対に割られてはいけないので、この最安値をロスカットラインとしてポジションを持つのが基本です。(私は現在、この基本を破っていますが・・・。)

でも、このラインが割られるっていうのは相当レアケースですよね?確定益で複利ロングを建てるときは、最悪切られたとしても損するのは獲得した確定益の一部です。よって、もう少し現実的なロスカットラインで高速複利を建てた方が、利益が得られると考えています。

では、現実的なロスカットラインってどこでしょう・・・?やっぱり、1年っていうのはキリのいい数字ですよね?(おぃ)

というわけで、過去1年(2013年6月~2014年5月)の最安値をロスカットラインにすることにしました。それが、93.79円だったっていうわけ。根拠薄弱ですけど、なんとなくキリのいい数字(100円とか95円とか)よりは、マトモな気がします。

大切なのは、ルールとして確立できること。それがある程度機能すること。そしてチャートを見なくてもいいこと。この3つです。

チャート見て支持線とか抵抗線とか引いて判断したい人はもちろんそれでもいいです。ただ、私がしたくないだけです。でも、過去1年の最安値って、一応支持線じゃないのかなぁ。よく知らんけど、、、。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)