富裕層の定義とは?資産3,000万円未満は一般庶民!?

アイキャッチ
Pocket

お金持ちになりたい!富裕層になってみたい!誰もが一度はそんな風に憧れることがあると思います。

しかし、そんな憧れのお金持ち・富裕層ですが、具体的な定義とは何でしょうか。本日は、庶民とお金持ちの定義について見ていきましょう。

お金持ちの定義は資産で決まる!

お金持ちや富裕層の定義の一つとして、野村総合研究所の定義があります。それは、資産の多い・少ないで定義する方法です。

%e5%af%8c%e8%a3%95%e5%b1%a4%e3%81%ae%e5%ae%9a%e7%be%a9

このように、保有資産の金額によって、マス層から超富裕層まで5段階に分けられます。

ちなみに、マス(mass)とは大衆・庶民という意味です。つまり、資産が3,000万円に到達していない世帯は庶民というわけです。アッパーマス層とは、「庶民の上の層」という意味ですね。

この5段階の階層と自分の位置を知り、一つ上の階層に上がれるように頑張りましょう。

まとめ

・お金持ちの定義は、保有資産の金額で決まる。

・富裕層は資産1億円以上。庶民は資産3,000万円未満の世帯のことをいう。

・自分の現在位置を知り、一つ上の階層を目指して努力しよう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)