【最新版】年代別平均年収を発表!平均年収の正しい見方。

Pocket

自分と同じ年齢ぐらいの人は、いったいどれくらいお給料を貰っているんだろう?自分の年収は、平均よりも多いの?少ないの?

そんな疑問や興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。本日はそんな方たちの為に、国税庁の最新の民間給与実態統計調査結果(平成26年分)に基づいて、年代別の平均年収をご紹介いたします。

さらに、そのデータの正しい見方も解説していきますよ。それでは早速見ていきましょう!

年齢階層別の平均年収

年代別平均年収(男女合計)

%e7%94%b7%e5%a5%b3%e5%90%88%e8%a8%88

男女合計の年代別の平均年収は、次の通りです。

19歳以下 130.3万円
20~24歳 248.4万円
25~29歳 343.5万円
30~34歳 391.8万円
35~39歳 425.1万円
40~44歳 456.9万円
45~49歳 486.9万円
50~54歳 496.4万円
55~59歳 480.4万円
60~64歳 372.5万円
65~69歳 311.4万円
70歳以上 291.9万円

このように、50~54歳の496.4万円をピークにして、以降は年収が下がっていきます。

しかし、この男女合計のデータを男女別に分解してみると、男性と女性でまったく異なる結果になってしまうことに注意が必要です。それでは、男性・女性別に年代別平均年収のデータを見ていきましょう。

年代別平均年収(男性)

%e7%94%b7%e6%80%a7

19歳以下 157.0万円
20~24歳 264.6万円
25~29歳 377.5万円
30~34歳 446.2万円
35~39歳 502.1万円
40~44歳 563.9万円
45~49歳 628.8万円
50~54歳 655.7万円
55~59歳 631.7万円
60~64歳 476.9万円
65~69歳 388.6万円
70歳以上 359.4万円

男女合計平均と比べて、平均年収が格段に増えました。続きまして、女性の平均年収を見てみましょう。

年代別平均年収(女性)

%e5%a5%b3%e6%80%a7

19歳以下 103.6万円
20~24歳 230.9万円
25~29歳 297.1万円
30~34歳 301.1万円
35~39歳 292.5万円
40~44歳 290.3万円
45~49歳 289.5万円
50~54歳 291.3万円
55~59歳 270.0万円
60~64歳 227.4万円
65~69歳 200.6万円
70歳以上 203.9万円

女性の場合は、30~34歳に301.1万円でピークを迎え、その後は200万円台後半で横ばいが続いています。

このように、男性と女性では年収が大きく異なっています。その理由はなんでしょうか。原因の一つとして、男性は正規従業員の割合が多く、女性は非正規従業員の割合が多いことが挙げられます。

男性と女性の正規従業員・非正規従業員の年代別割合

%e7%94%b7%e6%80%a7%e9%9b%87%e7%94%a8%e5%bd%a2%e6%85%8b

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e9%9b%87%e7%94%a8%e5%bd%a2%e6%85%8b

このグラフを見ると一目瞭然ですが、男性は35歳から54歳までの間、実に90%という高い割合の方が、正規従業員として雇用されています。つまり、男性はほとんど正社員として働いているのです。

一方、女性は35歳の時点ですでに正規従業員として働く人の割合は50%を下回り、その後も正規従業員の割合は右肩下がりに減少していきます。(総務省統計局 労働力調査

このような社会背景が、男性と女性の平均年収の差に繋がっているのではないかと推測します。

まとめ

誰もが気になる自分と同年代の平均年収ですが、その平均年収は、正規従業員として働く人、非正規従業員として働く人の年収を全部ごちゃまぜにした平均ですので、その平均年収とあなたの年収を比べて、多い少ないと一喜一憂してもあまり意味はありません。

最後に、年代別平均年収のデータをあなたの役に立てるためのポイントをいくつか挙げたいと思います。

・年代別平均年収(男女合計)は、正規従業員・非正規従業員をごちゃまぜにした数値。単純にあなたの年収と比較して一喜一憂しても意味がないです。

・男性の年代別平均年収は、男性正規従業員の平均年収と近い数値になっているはずです。よって、正社員の方はこのデータと自分の年収を比較すると参考になるでしょう。

・年代別平均年収を下回っている方は、支出を抑えなければならないことは事実。しっかり家計を管理し、頑張って年収アップも目指しましょう。

・逆に、データと比較して年収が高い人は、貯蓄が出来ていないとおかしいはず。順調に貯蓄が出来ているか確認し、出来ていなければ家計管理を見直しましょう。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)