どちらを選ぶべき?インデックスファンドとアクティブファンド

Pocket

会議投資信託は様々な種類が販売されていますが、大きく分けるとインデックスファンドとアクティブファンドの2つに分けることが出来ます。

今回は、インデックスファンド・アクティブファンドとは何なのか。そして、投資初心者はどちらを選ぶべきなのかについて、お話しします。

 

インデックスファンド・アクティブファンドとは?

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークに連動した運用成果を目指す投資信託です。

一方、アクティブファンドとは、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが銘柄選定を行い、ベンチマークを上回る運用成果を目指す投資信託のことを言います。

インデックスファンド・アクティブファンドそれぞれの特徴

インデックスファンドとアクティブファンドの特徴はそれぞれ次の通りです。

インデックスファンドの特徴

・プロによる銘柄調査を行わず、ベンチマーク(日経平均株価やTOPIXなどの指数)に連動させる運用のため、信託報酬などのコストが安い傾向にあります。

・ベンチマークに連動した運用成果を目指すため、運用成績は良くも悪くも平均的になります。

アクティブファンドの特徴

・プロによる銘柄調査をの上、投資を行うため、信託報酬などのコストが高い傾向にあります。

・ベンチマークを上回る運用成果を目指して銘柄を選定して投資を行うため、ベンチマークを上回る可能性がある反面、失敗すればベンチマークを下回る可能性もあります。

初心者がインデックスファンドを選ぶべき理由

このようにそれぞれ特徴があるインデックスファンドとアクティブファンドですが、特に初心者の方は、インデックスファンドの購入をおすすめします。

さらに言えば、上級者の方であっても、インデックスファンドを運用の中心に据えるのが良いのではないかと考えています。その理由は次の通りです。

儲かるアクティブファンドを見分けることが難しい

「アクティブファンドはプロが運用してくれるのだから、大抵のアクティブファンドはベンチマークを上回る運用成績を上げてくれるんでしょ?」こんな風に思われるかもしれませんが、ベンチマークを上回る優秀な成績を上げ続けるアクティブファンドは、実はそれほど多くありません。

そして、事前にその優秀なアクティブファンドを見分けることはとても難しいと言われています。現在成績の良いファンドを選べば将来も良い成績を上げてくれるように思えますが、現在の成績は将来の成績を保証しないとする経済学者の研究結果も出ています。

インデックスファンドは失敗が少ない

一方で、インデックスファンドはベンチマークと呼ばれる指数に連動するわけですから、良くも悪くも市場の平均点を取り続けるファンドです。つまり、インデックスファンドは大勝ちすることはありませんが、大負けすることもありません。

資産運用で大切なことは、特別に大きな利益を手に入れることではなく、堅実な運用をすることだと考えています。そういった意味で、インデックスファンドは失敗が少ないのです。

アクティブファンドはコスト面で不利な状況に立たされている

アクティブファンドは投資のプロに銘柄を見極めて投資してもらうため、インデックスファンドよりも信託報酬などのコストが高くなる傾向があります。

例えば、インデックスファンドの信託報酬が年間0.5%、アクティブファンドの信託報酬が年間1.5%だとします。この場合、アクティブファンドはインデックスファンドよりも1%分、不利な状況に立たされています。

つまり、アクティブファンドは、インデックスファンドよりも1%優秀な運用成績を上げて、やっとインデックスファンドとトントンの成績を収めることが出来るのです。このことも、アクティブファンドがインデックスファンドに勝ちにくい理由の一つになっています。

まとめ

・インデックスファンドはベンチマークに連動した運用を、アクティブファンドはベンチマークを上回る運用を目指す。

・インデックスファンドは平均的な運用成績。アクティブファンドは良い運用成績になる可能性も、悪い運用成績になる可能性もある。

・良いアクティブファンドを確実に選ぶことは出来ないため、初心者はインデックスファンドで堅実な運用を行うことがおすすめ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)