FP3級を取得することにした3つの理由

Pocket

PC操作画像唐突ではありますが、3級ファイナンシャル・プランニング技能士を目指すことにしました。

今回は、FPという資格についての紹介と、なぜ私がその資格を目指すことにしたのかについて話したいと思います。

 

FP3級の資格とは

私が受験しようとしているファイナンシャルプランナーの資格とは、正式にはファイナンシャル・プランニング技能検定という国家検定です。

ファイナンシャルプランナーになるための第一歩という位置づけの資格で、次の6つの分野の知識を習得することが求められます。

・ライフプランニングと資金計画(公的年金・社会保険など)
・リスク管理(生命保険・損害保険など)
・金融資産運用(金融商品の仕組みなど)
・タックスプランニング(税制など)
・不動産(賃貸・有効活用など)
・相続・事業継承(相続・贈与など)

※参考 日本FP協会「FP技能検定とは」

ファイナンシャルプランナーを目指す方はもちろん、銀行・保険・証券などの金融業界で働く場合にも、必要となるケースがあります。

私がFP3級を目指す3つの理由

それでは、私がFP3級取得を目指した理由をお話ししたいと思います。

①自分の人生に役立てるため

社会保険・年金・資産運用・税金・不動産・相続・・・。これらの知識は、金融業界に努めている人だけでなく、すべての人の人生において非常に役に立つものばかりです。逆に、知らなければ損をしてしまうおそれがあるとも言えるでしょう。私もこうした知識を身に付け、損をしない生き方をしたいと思ったわけです。

②当サイト運営のため

私は大学生の頃から独学で投資についての勉強を始め、それに基づいて当サイトを運営しているわけですが、当サイトが掲げている「豊かな生活を得る」ためには、投資だけではダメだということを最近強く感じています。

豊かな生活を得るためには、投資だけではなく、ファイナンシャルプランナーに求められている総合的な金融知識が必要だと感じ、自分自身の知識の補強の為に勉強することにしました。

③スキルを増やすため

現段階で転職などを考えているわけではありませんが、専門性の高い、そして私自身も興味がある金融に関する知識を身に付けておくのも面白そうだと考えました。

以上のような理由から、FP3級を目指すことにしました。今後、FP3級合格への道と題して、リアルタイムで合格への勉強法などを綴っていこうと思います。ちゃんと合格できるように頑張ります。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)