投資初心者に伝えたい!失敗しないための投資の2つの鉄則。

Pocket

会議お金をある程度貯めることが出来たら、次はそれを株式や債券に投資することで殖やすことが出来ます。しかし、その投資も方法を間違えれば、大損してしまうこともあります。

それは、投資をするうえで大切な鉄則を守らなかったが故の失敗であることが多いです。今回は、皆さんの資産を守るために、投資の大切な2つの鉄則をご説明します。

資産が多ければ多いほど投資の効果は絶大

投資の鉄則をお伝えする前に、損してしまうリスクがあるなら、投資なんてしない方が良いのではないか。そう思われる人もいるかもしれません。しかし、資産が多い人ほど、ぜひ投資をおすすめします。なぜなら、資産が多ければ多いほど、同じ労力で大きな成果が出るからです。

投資金額が多ければ運用利回りが同じでも、手に入る金額が増える

例えば、年利3%で運用することが出来たとします。100万円の資産を運用した場合、手に入る金額は3万円です。一方、1億円の資産を運用した場合、手に入る金額は300万円に上ります。

この時、方法にもよりますが、投資にかかる労力自体はそれほど変わりません。つまり、投資をすることで、資産規模が大きくなればなるほど、同じ労力でより大きな金額を手に入れることが出来るということです。

さらに、こうして得たお金を再投資することで、資産は雪だるま式に増えていきます。

しかし、やはり投資って、怖いイメージがありますよね?中には、次のように心配している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

投資はギャンブルなのではないか

株にお金をつぎ込んで破産してしまった。大きな借金を抱えてしまった。こんな悲惨な話をテレビなどで見聞きしたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。なぜ、こういうことが起きてしまうのでしょうか。

投資は、方法次第でギャンブルになってしまう

それは、投資というものは、方法を間違えてしまうと、投資ではなくギャンブルにも変貌してしまうからです。

例えば、株に投資するために借金をする。これは、言うまでもなく間違った方法ですね。さらに、そのお金を特定の企業の株式に全額投資し、その企業の浮沈と運命を共にする。こんなことをしてしまえば、それはギャンブルになってしまいます。

しかし、裏を返せば、正しい方法で投資を行えば、破産することはあり得ません。こうした投資の失敗は、投資の鉄則を守っていないことが原因であることが多いです。

それでは、その投資の鉄則について、ご説明いたしましょう。

必ず守るべき2つの投資の鉄則とは

私が必ず守るべきだと考えている2つの投資の鉄則とは、分散投資と長期投資です。

分散投資とは

分散投資とは、ある1つの企業の株式だけを購入するのではなく、2つ以上の企業の株式に資金を分散して投資をすることです。こうすることで、リスクを減少させることが出来るからです。

具体的な例で見ていきましょう。ある島に、2つの企業があったとします。(株)遊園地という会社と、(株)傘屋という会社です。

(株)遊園地は、晴れの日が多い年は、株価が50%値上がりするとします。しかし、雨が多い年であれば、株価が25%値下がりしてしまいます。

一方、(株)傘屋は、雨が多い年は株価が50%値上がりし、晴れの多い年は25%値下がりしてしまうとします。

画像1

この時、あなたはどのように株を購入すれば良いでしょうか。

1.予想をして集中投資を行う

まずは、晴れる日が多いか雨の日が多いかを予想し、晴れが多いと予想した場合は遊園地の株を、雨が多いと予想した場合は傘屋の株を買うという方法が考えられます。

この方法は、予想がピタリと的中すれば、毎年50%の利益を得ることが出来ます。しかし、予想に失敗すれば、25%の資産を失ってしまいます。ある意味、ローリスクハイリターンの方法です。

2.予想をせずに分散投資を行う

次に、私がおすすめしたい、予想を行わずに分散して投資をする方法をご紹介します。例えば200万円を持っていたとしたなら、遊園地と傘屋の株を、それぞれ100万円ずつ買うのです。

そうすることで、晴れの日が多かろうが、雨の日が多かろうが、確実に25万円儲けることが出来るのです。

晴れが多かった場合

遊園地 +50万円
傘屋  -25万円
合計  +25万円

雨が多かった場合

遊園地 -25万円
傘屋  +50万円
合計  +25万円

このように、まったく同じ条件下でも、投資方法によってローリスクハイリターンにすることも、ノーリスクローリターンにすることも出来るのです。

もちろん、現実世界では会社は2社だけではありませんし、天気だけで株価が決まるわけでもありませんので、これほど単純ではありません。しかし、世界経済が成長している限り、分散投資を行うことで、リスクを減少させ、利益を得られることを知ってください。

長期投資とは

長期投資とは、短期的な利益を狙わず、年単位での投資を行い、長期的な株価の値上がりや配当による収入を狙うことです。

株価は世界中の様々なニュースによって、常に上昇したり下落したりします。こうした株価の動きを見ていると、安い時に買い、高い時に売って、また安くなったら買えば良いように思えてきます。

しかし、実際にはプロでもなかなかうまくいきません。安いと思って買ったらさらに下落したり、高いと思って売ったらさらに値上がりしたりすることは、日常茶飯事です。こうなると、思わぬ損失を被ったり、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

こうした短期的なタイミングを狙う投資方法ではなく、バイ&ホールドと呼ばれる買ったら保有し続ける投資が、長期投資です。

短期的には株価は上下しますが、世界経済が成長し続けている限り、長期的には株価は上昇します。そうであるならば、長期で持ち続けることは、リスクを減少させ、確実な利益をもたらすのです。

世界経済の成長を享受するという考え方

投資をするうえで大切な2つの鉄則として、分散投資と長期投資をご説明しました。この背景にある考え方は、投資をギャンブルとしてとらえるのではなく、世界経済の成長を享受するという考え方です。

世界中の株式や債券に分散して長期で投資していれば、世界経済が成長し続けている限り、必ず利益を得ることが出来ると考えています。富裕層になるために大切なことは、危険を冒して人よりもたくさん儲けることではなく、リスクを減少させ、確実に利益を得ることなのです。

世界経済インデックス

上記のグラフは、世界中の株式や債券に投資する投資信託の価格を表したグラフです。短期的には価格の上昇下落を繰り返していますが、長期的には右肩上がりで成長していることがわかると思います。

ぜひ、投資をギャンブルとしてではなく、世界経済と一緒に自分の資産を成長させるものとして、捉えるようにしてください。

まとめ

・資産が多いほど、投資は資産を殖やすために有効な方法である。

・分散投資と長期投資でリスクを減少させることが出来る。

・投資はギャンブルとしてではなく、世界経済の成長を享受するという姿勢で臨むことが大事。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)