英語学習は一番最初に何から始めるべきか

Pocket

a0050_000171英語をもう一度、一からやり直そう!そう決めたわけですが、そうなると真っ先に浮かぶ疑問がこれです。最初に、何から始めればいいのでしょうか?

本屋に行けば単語帳やリスニング・リーディング教材などあまりにもたくさんの教材があって、何から始めればいいのかさっぱりという状態です。英語を始める人の共通の悩みではないでしょうか。

英文法からはじめるべき!

そこで、英語が出来る先人の知恵を調べてみることにしました。私が学生だった頃には考えられないことですが、現在はyoutubeなどに、英語学習法の有益な情報や教材がたくさん、アップされています。

英語の勉強を始める場合、一番最初に何をすべきか。この問いに答えた次の2つの動画がすごく参考になりました。

【英語学習の全体像と基礎づくり】 学習効率が一気に上がる秘訣!(Atsueigo)

TOEIC満点の国産バイリンガルが語る英語学習法!「まずは何からすればいいの?!」(バイリンガール英会話)

これらの動画によると、まず学習すべきは英文法です。

英語とは、単純に言ってしまえば、英単語が、英文法のルールに従って並んでいるものと定義することが出来ます。よって、英単語と英文法を覚えないことには英語は始まりません。リスニングやスピーキングなどの能力は、これらの基礎の上に、それぞれに必要な能力を上乗せするイメージのようです。

英語を学習するうえで、英単語と英文法がすべての基礎となっており、重要であることはわかりました。それでは、なぜ英単語ではなく英文法を先に勉強するかというと、英文法の方が学習量が少ないからです。

さらに、正しい文法を身に付けてしまえば、限られた単語力でも簡単な文章は作れます。しかし、何年もかけて単語力をネイティブ並みにしたとしても、文法を一切知らなければ、話すことは出来ません。よって、英文法を先に学んだ方が、早く英語が出来るようになるのです。

英文法の参考書(中学レベル)

先ほどのAtsueigoの動画では、高校レベルの英文法で全体の90%を網羅することが出来るとして、高校英文法を徹底してマスターすることを推奨しています。

しかし、私の場合、高校英文法の前に中学レベルの英文法をほとんど忘れてしまっているため、おそらく高校英文法が理解できません。そのため、中学レベルの英文法からやり直すことにしました。

調べたところ、中学英文法は次の2冊の評判が良いようです。


くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)


中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

それぞれの特徴を簡単に述べます。

【くもんの中学英文法】

・中学生用のわかりやすい参考書
・1,296円のお手頃価格
・CDは付いていない

【中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。】

・高校生以上が中学英語をやり直すためのわかりやすい参考書
・価格は2,484円と少し高め
・全英文を収録したCD2枚付き

私はくもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)を購入しました。まずはこの参考書を徹底的にやりこみ、中学英文法の基礎を身に付けようと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)