日銀が決めたマイナス金利って何?

Pocket

日銀1月29日、日銀は、マイナス金利政策の導入を決めました。

金利がマイナスになるとはどういうことなのでしょうか。私たちの預金はどうなるのでしょうか。

簡単にご説明いたします。

 

マイナス金利で私たちの預金は減るの?

金利がマイナスになると、真っ先に心配になるのが、私たちの銀行預金の金利がマイナスになるのではないか?ということ。しかし、現時点でこれは心配いりません。

日銀が決めたマイナス金利というのは、民間の銀行が、日本銀行にお金を預けた場合の金利がマイナスになるということです。つまり、民間の銀行が、日本銀行に金庫代を払うようなイメージですね。

ですので、金利がマイナスになるのは、私たち個人ではなく、民間の銀行が日銀にお金を預けた場合なのです。

どうしてマイナス金利を導入したの?

今までは、民間の銀行が日本銀行にお金を預けていた場合、日本銀行から利息がもらえていました。しかし、これでは民間の銀行のお金が、日本銀行に預けっぱなしになってしまう恐れがあります。だって、預けてるだけでお金がもらえるんですからね。

しかし、日本銀行に預けていれば金利を取られてしまうとなれば、民間の銀行は、そのお金を投資に回したり、企業に貸し出すなどして、なんとか収益を稼がなくてはなりません。そうしないと、職員の給料や預金者への利息の支払いが出来なくなるからです。

こうすることによって、民間の銀行のお金が世の中にどんどん回るようになることを狙っているのです。

私たちの預金の利率も下がるかも・・・?

しかし、今まで預けていればお金をくれた日本銀行が、お金を取るようになったということは、民間の銀行にしてみれば、経営が苦しくなる要因の一つになります。銀行同士もライバルであり、預金が流出しては困るので、私たちの預金の金利をいきなりマイナスにするなんてことはありませんが、全体的に金利が下がることはあるかもしれませんね。

ただ、金利が下がるということは、お金を借りたい人にとっては助かります。住宅ローンの金利が下がるとなれば、家を購入したい人にとっては嬉しいですね。今がチャンスということで、設備投資や家の購入などが促進されれば、景気も良くなるかもしれません。

ただ、民間の銀行にとっては厳しい政策であることは間違いなく、それが副作用としてどういう影響が出るかは未知数なところがあります。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)