SMT TOPIXインデックス・オープン 徹底分析

Pocket

株価SMT TOPIXインデックス・オープンは、日本株式に投資することで、TOPIX(東証株価指数)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。

それでは、SMT TOPIXインデックス・オープンの特色を見ていきましょう。


◆アセットアロケーション

TOPIXSMT TOPIXインデックス・オープンは、TOPIXに連動するように、100%日本株式に投資されます。

◆買付手数料・信託報酬・信託財産留保額

信託報酬(税込)
買付手数料 無料
信託報酬 0.3996%
信託財産留保額 0.05%

SMT TOPIXインデックス・オープンはノーロードで、信託報酬も0.3996%と、かなりの低コストを実現しています。

◆実質コスト

投資信託は、買付手数料・信託報酬・信託財産留保額だけではなく、売買手数料、有価証券取引税、その他監査費用、分配金に対する課税などのコストがかかっています。投資信託のコストを検討する際は、こうした隠れコストも考慮する必要があります。(分配金に対する課税は、投資信託の取得価額によって非課税となる場合もありますが、ここでは課税される場合を想定し、コストを算出しています。)

実質コストは運用報告書で確認することが出来ます。SMT TOPIXインデックス・オープンの実質コストは次の通りです。

実質コスト 期間:2014.11.11~2015.5.11(2乗して1年分に換算)
信託報酬 0.398%
売買委託手数料 0.000%
有価証券取引税 0.000%
その他費用 0.006%
分配金に対する課税 0.068%
合計 0.472%

このように、SMT TOPIXインデックス・オープンは信託報酬だけでなく、売買手数料やその他費用も非常に安く抑えられています。ただし、直近の決算では分配金が支払われている点が残念なところです。

◆純資産額

2015年8月現在、SMT TOPIXインデックス・オープンの純資産額(運用額)は97億円に達しています。

純資産額

2008年の設定以来、順調に純資産額を増加させてきたことがわかります。運用期間も長く、今後も安定的な運用が見込めるファンドと言えるでしょう。

◆SMT TOPIXインデックス・オープンの評価

日本株式に投資することで、TOPIX(東証株価指数)に連動する投資成果を目指すインデックスファンドです。

信託報酬が0.3%台、実質コストが0.4%台と、コスト面で非常に優秀なファンドです。TOPIXに連動するタイプのインデックスファンドは、長らく当ファンドと eMAXIS TOPIXインデックスの2ファンドが競い合っていましたが、最近では信託報酬の安いニッセイTOPIXインデックスファンドが設定され、三つ巴の様相を呈しています。

SMT TOPIXインデックス・オープンは、上記3ファンドの中で1番最初に設定され、運用実績が長いことが強みです。コストはeMAXIS TOPIXインデックスとほぼ同等ですが、純資産額ではeMAXIS TOPIXインデックスに軍配が上がります。

TOPIX連動型のインデックスファンドとしては、間違いなく投資に値する優秀なファンドです。

インデックスファンド図鑑に戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)