【第3週】1,000万円トルコリラスワップ運用 含み損200万円超え

Pocket

1,000万円でトルコリラ円のスワップ運用をしてみたらどうなるかをデモトレードで検証してみます。(細かい設定はこちらをご参照ください。)

それでは、早速結果を見ていきましょう。

◆保有通貨数

通貨数7.31


今週は1,218,000トルコリラと、先週より9,000通貨増えました。少し加速がついてきましたね。

◆証拠金・実質損益

証拠金7.31今週も順調にスワップポイントを獲得できたため、証拠金は増加しています。

しかし、今週も引き続きトルコリラが下落。この企画を始めた時は46円台だったトルコリラが、現在44円台にまで下落しています。含み損はとうとう200万円を突破しました。

強制ロスカットのラインは40円ですので、あと僅か4円少々の余裕しかありません。この企画が終わってしまうのではないかという恐怖感だけでも(笑)これだけありますから、実資金1,000万円でスワップ運用なんてしていたら、夜も眠れないのではないかと思います。

この防衛ライン40円は、いつまで持ってくれるでしょうか。願わくば、長期にわたって持ってほしいところですが。

◆スワップポイント

スワップ7.31

スワップポイントは、7月31日に1日分として9,961円獲得しました。

この調子で行けば、8月中には1日あたりのスワップポイントが10,000円の大台に乗ることになりますね。

もし、毎日9,961円のスワップポイントがもらえると仮定した場合、1年間で、

9,961円×365日=363万5,765円(先週より26,280円アップ)

のスワップポイントが獲得できることになります。これは、26歳の平均年収に相当します。(DODA調べ)十分生活できますね。

もし、1日8時間働いて同様の所得を得る場合、1,245円の時給ということになります。アルバイトとして考えるならば、なかなかの高時給です。

もちろん、トルコの利下げ、日本の利上げ、強制ロスカットなど、リスクがありすぎてなかなか現実的ではないのですが、誰もが一度は夢見てしまうのではないでしょうか。

それでは、来週もガンガン、複利運用してポジションを膨らませていきます。お楽しみに。






【第3週】1,000万円トルコリラスワップ運用 含み損200万円超え」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    初めまして、にゃんこと申します。
    いつも記事を拝見させていただいております。
    スワップ運用について過去最安値付近を目安でポジ持っていらっしゃる様ですが、そもそもスワップ運用としてストップ無しで考えるのであればレバレッジをかけ過ぎではないでしょうか?スイング等でリミットやストップを入れるのであれば別でしょうが…
    デモですし他人の考えなのであまり突っ込んでも仕方ないのですがね。気になったのでコメントさせていただきました。失礼しました。

    返信
    1. ef 投稿作成者

      にゃんこさま

      コメントありがとうございます。いつもご覧いただき、嬉しく思います。

      おっしゃる通り、レバレッジ掛け過ぎだと思います。

      究極的に強制ロスカットの可能性を排除するのであれば、レバレッジ1倍で運用、つまり、1トルコリラ0円まで強制ロスカットされないように資金管理するのが良いのは明らかです。

      しかし、1トルコリラ0.1円などを想定して運用することは様々な観点から現実的ではなく、資金効率が悪くなるため、レバレッジをかけるわけですが、さてその適切なレバレッジは何倍でしょうというところに、皆さん、心を砕いているのだろうと思います。

      史上最安値を最強の支持線と考え、そこをロスカットラインにすることは、まったくの不合理ではないと考えています。しかし現在、トルコリラは史上最安値近辺で推移しておりますので、史上最安値を更新する危険性も高まっています。もし、実資金で運用するのであれば、史上最安値を10%、20%、30%更新されても強制ロスカットされないように資金管理するのが現実的だろうと思います。あるいは、レバレッジを2倍程度に抑えるなどですね。

      実資金では精神的に負担が大きく、リスクも高すぎる運用方法を取っていると自覚していますが、デモトレードなので、実験的に行っているという形です。これで強制ロスカットされれば、皆さまの反面教師としてもお役にたてるのではないかと思います。

      ちなみに余談ですが、資金管理を行う場合、トラップトレーダーは、割と「何円まで強制ロスカットされないようにするか」という思考をとり、実質的にレバレッジ何倍になるかは気に留めない人が多い気がします。一方、スワップ運用派の方は、レバレッジが何倍になっているかを意識されている方が多いような気がします。

      本質的には同じことですけどね。また、私の勘違いかもしれませんが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)