両建てトラリピ第2週 運用結果

Pocket

両建てトラリピを開始してから2週間が経過しましたので、運用結果をご報告いたします。

両建てトラリピの詳しい設定はこちら

◆両建てトラリピ第2週 運用結果!

利益15.06.21

上図の青線グラフが獲得した確定益、赤線グラフが確定益から含み損を引いた実質損益です。

今週も、少々ペースは落ちたものの、両建てトラリピがトラップ益を積み重ねています。ただ、含み損は拡大し、実質損益はマイナスを拡大しました。

ギリシャ問題により、やや円高圧力が強まっています。レンジの下限120.60円まで行ってしまう前に、もうひと頑張りしてほしいところです。

ちなみに、この両建てトラリピでは、小さな動きで利益を取る20銭幅20銭利確の通常トラリピと、大きな動きで利益を取る50銭幅50銭利確の決済トレール付トラリピを同じ本数で併用しています。どちらのトラリピがより収益に寄与しているかも分析していきましょう。

利益内訳15.06.21

第2週は第1週と比較して、少々緩やかな値動きとなったため、大きな値動きを取る決済トレールよりも、通常の20銭幅のトラリピの方が利益を上げました。

まだ決済トレール付の50銭幅トラリピが上回っていますが、少しその差が縮まった形です。

それでは、来週の結果もお楽しみに。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)