SBI資産設計オープン(資産成長型) 徹底分析

Pocket

国旗SBI資産設計オープン(資産成長型)は、日本、先進国の株式・債券・REITに投資することで、世界経済の成長を享受するインデックスファンドです。

複数の資産クラスに分散投資し、ファンド内でリバランスも行う「バランスファンド」に分類されます。

それでは、SBI資産設計オープン(資産成長型)の特色を見ていきましょう。

◆アセットアロケーション

 

スゴ6

SBI資産設計オープン(資産成長型)は実にシンプルなバランスファンドです。株式40%・債券40%・REIT20%に分散投資します。

現代は新興国の存在感が徐々に大きくなりつつありますが、当ファンドは新興国の株式・債券・REITの組み入れはありません。

◆買付手数料・信託報酬・信託財産留保額

信託報酬(税込)
買付手数料 無料
信託報酬 0.7344%
信託財産留保額 0.15%

SBI資産設計オープン(資産成長型)はノーロードで、信託報酬も0.7344%と、比較的低コストなファンドです。

◆実質コスト

投資信託は、買付手数料・信託報酬・信託財産留保額だけではなく、売買手数料、有価証券取引税、その他監査費用などのコストがかかっています。投資信託のコストを検討する際は、こうした隠れコストも考慮する必要があります。

実質コストは運用報告書で確認することが出来ます。SBI資産設計オープン(資産成長型)の実質コストは次の通りです。

実質コスト 期間:2013.11.11~2014.11.10
信託報酬 0.7344%
売買委託手数料 0.0000%
有価証券取引税 0.0000%
その他費用 0.0253%
分配金に対する課税 0.0338%
合計 0.7935%

信託報酬は高いものの、運用報告書によると売買委託手数料は0円で、有価証券取引税も0円。分配金を出しているため、それに伴う課税コストはありますが、合計では0.7935%と、まずまずの水準にまとめてあります。

コスト面では、なかなか優秀なバランスファンドです。

◆純資産額

2015年6月現在、SBI資産設計オープン(資産成長型)の純資産額(運用額)は179億円に達しています。

2008年7月 10億円到達
2012年12月 50億円到達
2014年7月 100億円到達
2015年2月 150億円到達

2008年の設定以来、長きに渡って着実に純資産額を伸ばしています。現在は、先駆者として世界経済インデックスファンドやeMAXIS バランス(8資産均等型)の1歩先を行く状態です。

今後も、安定的な運用が見込めるファンドと言えるでしょう。

◆SBI資産設計オープン(資産成長型)の評価

日本、先進国の株式・債券、REITに幅広くインデックス投資するシンプルな設計のバランスファンドです。

当ファンドの設定は2008年と古く、当時は世界経済インデックスファンドもeMAXISバランスも無い時代でしたから、当ファンドの登場は実に画期的でした。まさに、インデックスバランスファンドの草分け的存在です。

少し古い設定になっているので、新興国の資産の組み入れが一切ありませんが、今では新興国を組み入れることが当たり前になっているので、逆に考えれば他にない特徴とも言えるでしょう。日本・及び先進国の資産で安心して運用したいという方で、多少コストを支払ってでも1つのファンドでリバランスまでおまかせしたいという方にとっては、検討の余地があるでしょう。

世界経済インデックスファンドやeMAXISバランスよりも一世代前のバランスファンドになるため、信託報酬が若干高めですが、実質コストではそれほど大きく劣っているわけではなく、許容範囲に収まっていると思います。

個人的には、より分散投資し、世界経済全体の成長を享受するためには、新興国の資産クラスを組み入れるべきだと考えていますし、選択肢が豊富になった現代では、積極的に選択するほどのファンドではなくなってしまったのかなと思いますが、もちろん総合的に見て悪くないバランスファンドだと評価します。

インデックスファンド図鑑に戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)