資金計画の変更

Pocket

手帳インデックスナンピン投資法を始める前に、十分な資金計画を策定して投資を始めたとします。

しかし、人生にはイベントやハプニングが付き物です。急に結婚することになった、子供が出来た、転職することになった、病気になった・・・。これらの出来事があれば、投資資金を捻出できなくなることもあるでしょう。こうした当初の予定外の出来事は、誰にでも起こりうることです。

そんな時は、どうすれば良いのでしょうか。ご説明いたします。

◆資金計画は柔軟に変更してOK

上記のような理由により、当初計画していた投資金額が準備できなくなった場合、柔軟に計画を変更して構いません。

例えば、年間50万円の投資資金を用意してインデックスナンピン投資法を始めたとします。しかし、その後結婚が決まり、色々とお金が必要になったため、投資に使えるお金はせいぜい25万円ほどになってしまいました。

このようなケースの場合、毎月4万円ナンピンしていたのを、毎月2万円ナンピンすることに変更すれば良いのです。確かにナンピン額は少なくなり、利益が出るのも遅くなるかもしれませんが、それでも十分ナンピンの効果は享受することが出来ます。

生活が落ち着き、また投資資金が用意できるようになったら、ナンピン額を元に戻せばよいのです。

◆投資資金がまったく用意できなくなってしまったら。

結婚もしたし、子供も生まれたからいよいよ投資なんて出来なくなってしまった!そんなことも起こりうるでしょう。

そんな時は、仕方がないのでナンピンするのを中止します。しかし、出来ることなら、利益が出るまで購入したインデックスファンドはホールドしておいてください。

なぜなら、インデックスファンドを通じて購入している株式は、毎年配当金が出るからです。この配当金は、自動的に再投資されます。そう、ナンピンが出来なくなったとしても、最悪、配当金の分だけは自動的にナンピン投資が行われているのです。

◆そうは言っても、資金計画の変更は最小限に。

資金計画は柔軟に変更してOKとは言っても、それは日常生活に想定外の事態が発生した場合の措置です。ある程度予見される出来事については、それを勘案したうえで当初の資金計画を策定してください。

自分の資金力を超えた投資計画を策定してしまい、後から変更する。ナンピン中になんとなく恐くなって計画を変更する。などといった行き当たりばったりの計画変更は、絶対に行わないようにしましょう。そうならないためにも、余裕のある資金計画の策定が大切なのです。

次回は、資金管理の注意すべき失敗例についてご説明いたします。

負けないインデックスナンピン投資法解説目次に戻る






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)