【要約版】インデックスナンピン投資法

Pocket

株価インデックスナンピン投資法を実践するにあたって、必要な手順のみを書いた要約版の解説を作成いたしました。

実践手順のみ手早く知りたい方は、ぜひご利用ください。


◆1年間で捻出できる余裕資金を考えよう。

インデックスナンピン投資法は、無限にナンピンを続けて利益が出るまで待つ手法です。そのため、破綻しないよう資金を計画的に捻出し、ナンピンする必要があります。

あなたは、1年間でどのくらいの余裕資金を捻出できますか?12万円なら、毎月1万円ナンピンできます。50万円なら、毎週1万円ナンピンできますね。毎週1万円ナンピンするのが面倒であれば、毎月4万円ナンピンしても、ほぼ同じことです。

1年間で6万円しか用意できない、、、。そんな人は、2ヶ月に1回ナンピンすれば良いのです。ご自身のライフスタイルや月々の収支、現在の余裕資金の蓄えなどをよく考え、無理のない計画にしましょう。

今回は、1年間で12万円の余裕資金を用意するケースで説明していきます。

◆証券会社に口座を開き、ニッセイ日経225インデックスファンドを買いましょう。

1年間で捻出できる余裕資金が決まったら、証券会社で口座を開き、投資信託のニッセイ日経225インデックスファンドを1万円分買いましょう。

全ての証券会社がニッセイ日経225インデックスファンドを取り扱っているわけではないので、注意しましょう。銀行なども投資信託の取り扱いがありますが、ネット証券会社が便利でおすすめです。

私はSBI証券を利用しています。

◆含み損が出ていたら、ナンピン買いをしましょう。

インデックスファンドを購入した後、毎月1回、口座をチェックします。含み損が出ていたら、また1万円ずつナンピン買いをします。

逆に、含み益が出ていたら、好きなタイミングで決済してください。

私は、次のようなルールで行っています。

5%以上の含み益 決済
-1%未満の含み損~5%未満の含み益 保留
-1%以下の含み損 10,000円ナンピン

◆上記を繰り返せば絶対負けない!

この投資は、いつ、いくら儲かるかはまったくわかりません。しかし、辛抱強く続けていれば、理論上、絶対に負けることはありません。

無理のない資金計画で、実践してみてください。

負けないインデックスナンピン投資法解説目次に戻る

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)