今後、インデックス投資の記事を書こうと思います。

Pocket

グラフこれまでに何度か書いたかもしれませんが、現在の私のメインの投資スタイルは、インデックスファンドの積み立て投資です。

サブ運用として、トラリピに始まり、くるくるワイドを簡易化したらくるくるなども行ってきましたが、やはりレバレッジをかけるFXの性質上、ロスカットとは無縁でいられず、手法も簡易化したとはいえそれなりに面倒で、手法として残された課題もあり、心身ともに若干負担になっていました。

また、らくるくるの諸問題について解決すべく、魚屋さんのカットダブリピを参考に両建てトラリピも勉強、実践してみましたが、私にとっては、今後も続けていきたいと思うには至りませんでした。

そこでどうしたものかと思案した結果、サブ運用としては、軽い思いつきで考案した臆病者のための負けないインデックスナンピン投資法で十分ではないかとの結論に至りました。

原点に立ち返って私が投資に求めるものを考えた時、その答えは、リスクが小さく、確実に成果が出て、かつ、手間がかからない投資でした。

今後は、負けないインデックスナンピン投資法をもう少しアクティブにした投資法をサブ運用として実践・ご紹介しながら、これまで記事にしてこなかったメインのインデックス投資についても、少しずつ記事にしていきたいと考えています。

常々、貯金だけではなく、インデックス投資の文化が日本にもっと根付いてほしいと思っていましたし、このブログのタイトルも、インデックス投資の理論的基礎となっている、効率的市場仮説が由来です。

なお、一通り書き終えたらくるくる解説につきましては、当該記事を見て、さらに考えを深められたり、研究を深化される方がいらっしゃることを期待して、残しておきます。現在もらくるくるは可能性のある手法だと思っておりますが、私にとってはリスクやストレスが少々高いため、現在は実践を中止していることを申し添えておきます。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)