確定益の使い方

Pocket

お金らくるくるは随時確定益が発生する手法ですので、それを上手く使うことにより、現在のポジションをより有利にすることが出来ます。

今回は、その確定益の使い方についてご説明いたします。

 


◆基本は本体ロングのナンピン買い

現在のレートが本体ロングの建値を上回っている間は、確定益をプールします。そして、レートが本体ロングの建値を下回ったところで、ロスカットラインまで耐えられる資金が貯まったら、1,000通貨ナンピン買いを入れます。

◆らくるくるにおけるナンピン買いの3つの効果

これにより、次の3つの効果が得られます。

①本体ロングの平均購入価格を下げることが出来る。

ナンピン買いなのですから、当然、本体ロングの平均購入価格を下げることが出来ます。これにより、ショートトラップのレンジが広がってしまうのも、若干ではありますが、抑えることが出来ます。

②出口(損益分岐点)を下げることが出来る。

ショートトラップのレンジが広がり、トラップの攻撃力が下がってしまっている場合には、少しでも早く全決済し、仕切り直して再び極狭のトラップを貼りたいものです。

本体ロングのナンピン買いをすることで、レートが上昇した時、本体ロングの含み益の増え方が大きくなるので、ショートトラップの含み損との損益分岐点を下げることが出来ます。

早く全決済して、仕切り直したい時に有効です。

③スワップポイントが強化される。

スワップがもらえる本体のポジションを建てよう。で解説した通り、スワップポイントがもらえる本体ロングのポジションですと、本体ロングのナンピン買いをする度に、日々もらえるスワップポイントがどんどん強化されていきます。

このように、確定益を使って少しずつ有利なポジションにしながら、出口を待つ。それがらくるくるの戦略です。

らくるくる解説目次に戻る。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)